雑記帳

天狗連忘年会の前夜災・・・難

今年の天狗連の忘年会は先日の日曜日でした。

いやーーー今年も盛り上がりましたよーーー。
で、その話題はまた後日にして、(もったいぶるよ)
なんでか私は忘年会前日に親知らずの歯を抜いたのです。

なんで飲み会前日に抜くか?アホか!と突っ込まれているのは承知です。

だって忘年会の数日前から今までおとなしくしていた親知らずがうずき始めたんだもの。
単純思考の私は、とっさに「ヤバイ、これ以上ガマンしていて当日痛くなったらどうしよう。
そして歯医者に『なんでこんなに腫れるまで放っておくの?』と呆れられたらどうしよう・・・」と妄想したのです。

これはとにかくひどくならないうちに抜かねばならぬ。

そして歯医者に電話して、「あのーー親知らず抜いた翌日はお酒飲めますか?」って聞いたもん。

歯医者さんは「当日はだめだけど、翌日ならいいですよ」って言ったのだ。

ということで、忘年会を有意義に過ごすために前日に親知らずを抜いた。
まっすぐ生えているから急いで抜かなくても良いと言われてたので大事に大事にとっておいた親知らずを意を決して抜くお願いをした。

最近親知らずがうずくのは疲れがたまっているせいでしょうと歯医者さんはおっしゃいました。
そっかー最近身内の葬儀を出して慣れないことだらけで確かにものすごく疲れていたのです。

「先生、親知らずってすぐに抜けますか?」
「大丈夫、すぐ抜けるから」

逃げ腰の私を逃してなるものかと先生は超軽々しくおっしゃいました。

その言葉を信じてまな板の上の鯉となった私は、数分後に後悔の念に駆られ、「助けてくれーーー
やだやだやだーーー。」と心の中で泣き叫んだのでした。

だって男の先生が「ふん!ふんっ!」とマスク越しに鼻息を荒くして引っ張っているのに、全く抜ける感じせず。
麻酔打ってるからわからないにしろ、先生の力む声が聞こえるし、もう一方の手で顔面をぎゅーぎゅー押さえつけられてるし・・・

「ず・頭蓋骨割れる・・・」という恐怖におののくほど顔に負荷がかかっております。

「骨がじゃましてるから骨削ります」

  ガリガリガリーーー

「お口の中の突貫工事やーーー」彦摩呂か!(これは恐怖を消すための心の声)

その後もフンフンと力む先生、なんか麻酔切れかかってない?歯茎が痛い・・・
「痛い痛い」

「麻酔塗りますね。」

「フン!フンッ!」

長かった・・・とても長くて気を失いかけたころ、親知らずは抜けたらしいけど。
いつ抜けたのかは私にはわからず、
「お口ゆすいでくださいね」と助手の女性に言われた時には先生の姿はなかった。

「ちゃんと抜けて処置もきちんとできましたから大丈夫ですよーーー」ってフォローしてたけど
嘘だね。

ど痛かったからね。すっごい時間かかってたからね。血もいっぱい出たし!

肉体的な苦痛と精神的なダメージと恐怖で、ぐったり疲れて、家に帰って速攻寝込みました。

翌日は忘年会・・・何が何でも出かけなければ・・・
こんなトシ取ってから抜かなきゃよかった・・・
そうなのよ。後悔は先には立たないのね。
[PR]
# by moonislandn | 2016-12-06 22:39 | Comments(0)

お久しぶり

ブログを書くのが超お久しぶりですが、それより何より超久しぶりにカメラで撮影をしました。

写真関係の仕事はしていますが、カメラマンの撮影の手伝いや写真の編集が私の仕事なので、撮影はしないと言うか、長い事カメラに触った事なかったのでした。

そんな私が知人の息子さんの結婚式に写真を撮って欲しいと頼まれました。
式場のカメラマンに頼んでアルバムを依頼すると10万以上は費用がかかるらしい。

きっとそれなりの立派なぶ厚いアルバムだと思う。
データもくれると思う。

結婚式場には専属以外のプロのカメラマンは入れません。来賓ならオッケーと言う暗黙の了解があり、最初はうちのボスが撮影と言う依頼だったけど、体調不良でお断りしたら、私でいいと言う。

とにかく写真をたくさん撮ってくれれば良いと言う。
親しいわたしが来てくれたら嬉しいとおだてられ、何度もお断りしたのに押し切られました。

プロと素人の違いって、写真が綺麗キタナいの目に見える差じゃなくて、ハートに訴えるものがある、人を感動させるものがあるってとこにあるんですけど、知人はそんな事は御構いなしの人でした。

ま、記録写真でいいんだね。と、私も受けた。

しかし、日にちが近づくに従って、段々と怖くなって来た。普段カメラを触ってない私が、一生に一度の晴れ舞台を、もし失敗したらどうしよう。

それから付け焼き刃の写真教室が始まった。
ボスにデジカメの使い方を必死で習った。
デジカメだから、確認はその場でできる。
ピントはカメラが賢いから合わせてくれる。
カメラマンがどんなアングルで被写体を撮るのかはアルバム編集しているからなんとなく頭ではわかる。

教わったことを守れば、大きな失敗はないはず。

そうだ、まずカメラマンに見えなきゃいけない!
みすぼらしいおばさんがカメラ持ってウロウロしてたらカッコ悪い。

カメラマン、そーだスーツ買わなきゃ。
中身がない分外見だけでも決めなきゃ!と、ファッションセンターじゃない、ちゃんとしたブランドのパンツスーツを買った。
髪型も後ろでキリッとひっつめた。


そして結婚式に前夜はほとんど眠れず朝から食事がのどを通らない状態でデジカメ二台を首にぶら下げてホテルに入りました。

友人が写真を撮ると言う設定だったのに、カメラマンの友人と言う設定にすり替わっていて、ホテルの係りの人からカメラマンさんはこちらへどうぞと呼ばれて、撮影ポイントを数々言い渡され、ブーケトスでは脚立に乗って撮るように言い渡された。

わたしはシロウトですからと言ってるのに。
いえいえ、立派なカメラマンさんに見えますよと、ご冗談をとばかりに笑われた。

しまった!外見決めすぎ?

とにかく、やるしかない!
そう、フィルムカメラの時代には一眼レフをおもちゃのように使って面白がって写真を撮っていたときがあったからね。モデル撮影会に参加したこともあったからね。

ボスからはとにかくたくさん撮ってこいと言われたので、ガンガン撮った。お客様に声も掛け、私なりに盛り上げた。

とても長い半日が過ぎ、仕事場に帰りボスにデータを渡した。
勿論褒められはしなかったけど、数はたくさん撮ったと言われた。
そしてあっと言うまにボツ写真は捨てられて、アルバムに使えそうな写真をパソコンで見せてもらった。

とにかく、ブレ写真がなくてホッとした。
性能の良いデジカメ様に感謝です。
明るさや色は編集できますからね。

f0030429_00521972.jpg
f0030429_00524641.jpg
久々に緊張したし、気を遣ったし、ノーと言えないじぶんが情けなかったけど、久しぶりにカメラを手にして、最新の技術に感動し、被写体を覗くドキドキを感じてほんの少しだけ嬉しかった。

へへへ、またカメラ触ってみよ。

[PR]
# by moonislandn | 2016-11-20 23:47 | Comments(2)

幸せになるんだよ

週に一回、猫シェルター(保護された野良ネコちゃんたちが里親を見つけるまでいる場所)の餌やりとおそうじをボランティアでしています。

先日、おそうじをしていると、シェルターのリーダーでもある天狗連の初音さんとシェルターの大家さんの娘さんという女性がやってきました。

どうやら猫好きなお嬢さんが、シェルターの猫をもらってくれるようでした。

シェルターの中でも人懐っこい猫ちゃんをお勧めしていると・・・「私、シナモンちゃんがかわいくて」とその娘さんは言いました。
シナモンちゃんとは、茶系の長毛の猫で、現在パッと見、いいとこの猫ちゃんなんだけど、
捕獲されてやってきた当時はものすごく怖いシャーシャー猫でした。
初音さんは「人に飼われていた様子だけど、捨てられてひどい目にあって人間不信なんだよ」と言っていた。
長毛の毛はボサボサでツヤもなく、目は鋭くて、とにかく人間不信でシャーシャー威嚇してかみつきそうな猫でした。
私もエサをやるときにかまれそうになってビビったことありました。

でも時間が経つとシナモンは徐々に慣れてきて、おとなしくなり、体にさわってもおこらなくなりました。最近ではナデナデするとゴロゴロ喉を鳴らしてうっとりするようになりました。

娘さんは「昔飼ってた猫ににているから」とシナモンに一目ぼれしたようでした。

子猫はすぐに貰い手がつくけど、シナモンみたいに大人の猫に貰い手が付くのは珍しいことです。
で、シナモンはエイズなのでそんなに長生きしないかもしれないし・・・
エイズ仲間のおすもうさんのように太った雄猫「ボス」と仲良しで、ボスと別れるのは寂しいね・・・って話していたら「じゃぁボスももらいます」とおっしゃった。

「猫一匹も二匹も同じだもの」と、猫マニアが言ってることを、その娘さんもおっしゃった。

なんでも家にはいつも猫がいたけど、結婚してしばらく猫のいない生活をしていたけど、どうにもさみしくてご主人を説得して猫を飼うことにしたそうです。
大人の猫でいいですとおっしゃる娘さんは、本当に猫好きでやさしそうな女性でした。

シェルターの主でもあるボスと猫一倍凶暴だったシナモンをもらってくれるなんて・・・
めっちゃ寂しいけれど、猫は絶対に幸せになるでしょう。


おめでとうボスとシナモン!

二匹の写真載せます・・・
こんな時がくるとは思わなかったから二匹ともいい写真がなくて・・・ごめん。
f0030429_23195879.jpg


f0030429_23174773.jpg

[PR]
# by moonislandn | 2016-10-07 23:17 | 雑記帳 | Comments(0)

猫4匹

我が家に4匹目の猫が来ましたemoticon-0102-bigsmile.gif
と、聞いたらたいていの人は引くかな?

猫好きの知り合いは「一桁のうちは大丈夫だよ」と言う。なので時折我が家に猫が増えるシミュレーションをしてみるけど、自分の部屋だけではもう手一杯だわ。

ところが我が家に猫が来た。
と言っても間借り人。ホームステイ?
ご近所さんが旅行に行ってる間預かりました。
その猫は我が家で一時預かりしていた白い子猫ちゃんだ。あんまり可愛いのでうちの猫にしようと思っていた時にご近所さんにもらわれていった、縁のあるようでない猫ちゃんでした。
まあ、お陰様で我が家には真っ黒の痩せ猫ウッキーがやってきたのだけれど。

白い可愛い子猫はもらわれた先でフェルトと名付けられました。白いフワフワだからだね。そして丸々と育っていた。

うちの猫はオランウータンに似てるからウッキー、相変わらずやせっぽち。
なんか差があるんだよなー。

三日間預かりました。
うちの猫3匹に警戒しまくられ、フェルトはゲージの隅で小さくなっていた。緊張してるからご飯も食べなくて、大変困りましたが、徐々に慣れて3日目にはウッキーとじゃれ合うようになりました。年が近いから打ち解けるのも早かった。
f0030429_01425123.jpeg

よその家の猫を預かるのは、責任重大ですな。
3日目にしてなんとか楽しそうな雰囲気になってくれたけど正直私は疲れました。

4匹目の猫は、取り敢えずはないなemoticon-0108-speechless.gif

[PR]
# by moonislandn | 2016-09-20 01:06 | Comments(0)

今日は孫のお誕生日で、お料理上手なママが腕を振るってお料理を作りました。
盛り付けと言い、味付けと言い、抜群ですね。

f0030429_23253988.jpeg

[PR]
# by moonislandn | 2016-09-11 23:23 | Comments(0)

ビフォーアフター

料理をすることは、嫌いではありません。
食べたいものを作るのは、好きです。
でも、もりつけとか、食器のセレクトとか、苦手です。
そう、センスはないです。

白ワインを飲むためにオードブルを作ろうとして、野菜とチーズを盛り合わせたら、見るからにトホホだった。

家族は皆お笑いした。

「ダサ」「まずそ」

「しょーがない、直すか」と、娘が直してくれました。


ビフォーアフターです。

f0030429_22224953.jpeg
f0030429_22230614.jpeg

[PR]
# by moonislandn | 2016-09-03 22:15 | Comments(0)

マスター三回忌

天狗連の溜まり場だったトムのマスターが亡くなってもう3年経ちました。
カントリーパブのマスターだったから、マスターを偲んで某ライヴ会場でコンサートライヴがありました。

マスターの友人のお寺の和尚さんがギターを弾きながら歌ったり、マスターと同じ年代の、還暦はとうに超えてる方たちのバンドの皆さんがカントリーを演奏したり、そのバンドをバックにマスターの娘さんがなつかしい歌謡曲を歌いました。

マスターには娘さんの他に自閉症の息子さんがいて、マスターが闘病生活をしている時にとても心配していたけど、良いグループホームが見つかって息子さんを預けることが出来たから安心したよと言ってることを思い出しました。

会場には。その息子さんもいてバンドの演奏をバックにお気に入りの歌を歌いました。バンドのメンバーとは仲良しみたいで、とても慣れた雰囲気で私たちに歌を聞かせてくれました。
グループホームはとても良いところらしく、そこで仕事をして得た収入で生活をして、時々カラオケでお気に入りの歌を歌っているんですよ、と、姉の娘ちゃんはMCで語ってくれました。

マスターの遺影写真の前で歌う娘ちゃんと息子さん、マスターも安心して嬉しそうに微笑んでいました。

最近は世間を震撼させた事件があり、とても憤りを感じていました。でもこんなにも素敵な歌を聞かせてくれたライヴのおかげで心が救われた気持ちでした。
みんな笑顔でした。
[PR]
# by moonislandn | 2016-08-01 00:07 | Comments(0)

うちのチビクロ

我が家にやって来た3匹目の猫は、税務署のビルの近くで保護された痩せた黒い仔猫でした。
来た当初は威嚇しまくりで、ご飯も食べずにゲージの隅っこで身を潜めていましたが、2日目くらいから少しづつご飯を食べるようになり、触っても怒らなくなり、ゲージから出て部屋の散策をするように。徐々に環境に馴染んで来ました。
我が家の先住猫2匹は、やはり最初は怒りをあらわにしていましたが、渋々受け入れています。

久しぶりの仔猫。ちっこいなー、ご飯をよく食べる。
そしてよく走る。常に猛ダッシュして大きい猫を追いかけてジャレついている。
のんびりしたい大きい猫はかなり迷惑そうだ。
だから時々大きい猫の見方をして「こらっ!お姉さん猫をいじめないで!」と、仔猫を叱り頭をコツンと叩く。
しかし仔猫は訳がわからず再び走り、お姉さん猫にタックルしてバリバリして猫パンチを浴びせています。
それでも足りないのか私にも飛びついてバリバリemoticon-0101-sadsmile.gif
おかげで手も足も猫のひっかき傷だらけ。

そうなんだ、仔猫って可愛いけど手がかかる。
人間と一緒ですね。

名前は黒猫だから「魔女の宅急便」のキキちゃんでいいや、と安易につけたけど、毎日顔を見ているうちにオランウータンに似ていることに気づき、自然とウッキッキーと呼びかけるようになりました。
f0030429_11465349.jpeg
小さいうちにお風呂に慣れさせようとしてお湯につけたらさほど嫌がらずに大人しくお湯に浸かっておりました。
f0030429_11471941.jpeg
そしてウッキッキーは今日も元気です。
f0030429_11483564.jpeg

[PR]
# by moonislandn | 2016-07-24 11:15 | Comments(0)

それは、反省会と言う名の

小市民寄席から約三週間が過ぎて、そろそろ仲間が恋しくなった頃に「反省会」と言う名の集まりがあり、最終的にそれぞれが手売りしたチケット代金やら経費の精算をします。
しかし、それ以外にみんなで寄席のDVDを鑑賞して「受けてるじゃん」とか、「この間は最高だな」とか、芸の自画自賛をするのが、実はメインイベントだったりします。
だって我々は天狗連なんですぞ!

団体種目のコントと総踊りをワイワイ言いながら見ました。
コントは要所要所で笑いがあり、作家のさん太さんの才能に感動する間もなく、俺ウマイじゃんなんて満足してましたよね。
どこが反省会だっつーのemoticon-0122-itwasntme.gif

そして会が終盤に差し掛かったところで、お客様から不満の声がなかったか、意見の交換会がありました。

毎回聞こえてくるのは、座席指定にしてほしいと言うご意見です。
2時からの公演なのに11時に並んで整理券をもらうのは、シンドイですよね。
でもメンバーの手売りだから難しいんです。

では並んでくださっているお客様のために、屋台を出して冷たい飲み物を売る。
並んでくださっているお客様が退屈しないように、メンバーが何か芸をする。

来年の小市民寄席までに我々がそれを覚えていられるか不安要素は多々ありますが、現在の時点では頑張ります!

覚醒していた頭がだんだんと眠くなってきました。

では今夜はおやすみなさい。

[PR]
# by moonislandn | 2016-07-22 00:11 | Comments(0)

世界から猫が消えたなら

久々に映画館で映画を観ました。
暇を持て余していた孫のお供です。
タイトルから気にはなっていたのですが、イマドキの映画で、私には付いていけないかも?と、期待せずに行ったら、そんな時こそ大ハマりと言う嬉しい結果で、最初からガンガン見入って後半はボロ泣きでした。
逆に中学生の孫には理解不能なストーリーだったかも。

とにかく、いろんな事を考えさせる映画でした。
重たい映画の一場面にクスリと笑えるシーンがさりげなく挿入されてるのも良かったわ。


f0030429_10465054.jpg

で、早速我が家の猫にやってみた。
ロシアンブルーちゃんは嫌がって言うこと聞かなかったけど、キジトラちゃんは大人しく、と言うか喜んでやってくれた。
あれ?顔怒ってる?でも脱ぎたがらなかったですよ。
やはり、キジトラは穏やかで賢いのだ。

そして何気に告白するけど、我が家には三匹目の黒い仔猫ちゃんが来ました。
猫が増える度に私は幸福になる。

仔猫のお話は、またいつかね。

[PR]
# by moonislandn | 2016-07-10 23:15 | 雑記帳 | Comments(0)



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
himikaさん、コメン..
by moonislandn at 17:31
okadaさん、そーいえ..
by moonislandn at 23:13
足の裏の注射の痛さが出て..
by himika1016 at 09:28
カメラウーマン moon..
by azumada okada at 17:09
マリカさんお返事遅くなっ..
by moonislandn at 10:48
お久しぶりです!なーんと..
by マリカ at 20:53
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 21:54
お久しぶりです。 励ま..
by moonislandn at 23:35
ふりかけさん、ありがとう..
by Moon at 23:45
台湾旅行日記、心待ちにし..
by ふりかけ at 07:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧