「ほっ」と。キャンペーン

雑記帳

<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ちょっとドキドキした

化粧品かぶれのお顔のブツブツは5日目にしてやっと引きました。
湿疹は出るときはあっという間なのに、引くのには時間がかかるのね。
でもよっく見るとまだ所々跡が残っているようだけど、全体的には皮膚が平らになりました。

今日は久しぶりののんびり日曜日だったので、これという目的もなく近所のショッピングセンターに出かけました。
食料品から衣料品・生活雑貨・化粧品等なんでも揃っているア○タ。
2階の売り場へ行くと下着メーカーのTとWがバーゲンをやっていました。
ちょうどTシャツ用のブラがほしかったのでワゴンの中の商品を品定め。
「おお、確かに安い!しかも質は悪くない」つい夢中になって次々とブラやショーツを手にする私。
ショッピングセンターなので家族連れの人たちが多くて私の横をカートを引いたお母さんたちがどんどん通り、ワゴンの中を覗いていく。
若いカップルが一緒に下着を選ぶ光景は最近では慣れてきたのでなんとも思わなくなったけど、お母さんの横に小学校の男の子とか立ってるとなんだかこちらが気になっちゃって、思わず品定めの手が止まってしまう。
それから熟年カップルの下着選びっていうのもやだな。おっさんが一緒になって選ぶのって、たとえそれが夫婦であっても、なんとなく不純だ。「若いカップル限定にしようよ・・・」と独り言。
本日一番びっくりしたのは親子3人組。
通りすがりの親子だったけど、お母さんと年頃の娘とお父さん。
「あ、これかわいい」とお母さんに話しかける娘の横から顔を突っ込んで、「こーいう飾りは付いてないほうがいいんじゃない」と忠告するお父さん。
「まぁ仲のよろしい家族ですね」・・・なんて笑えるかーー!!
だめだよお父さん、父と娘の一線を越えてはいかんのだ。私の常識としては父は恥ずかしそうに少し離れたところで見ないような顔して立ってなきゃ。

人通りの激しいところでの下着選びっていうのも神経使うよね・・・なんて思っていると、店員さんに声を掛けられてしまった。
私が立ち止まっていたのはT社の製品のワゴン。T社の社員だと思われる私よりもはるかに年上の彼女は、バーゲン品だというのにあれこれ熱心に薦めはじめる。
結果Tシャツ用のブラを探しているのに、希望のブラを試着したら合わなかったせいもあるけど、「この色かわいいですね」と、つい言ってしまったレース飾りのついたオレンジベージュのブラを薦められる。ついでにそれと揃いのショーツも渡される。
・・・・「こーいうのを買おうと思っていたんじゃないけど、かわいいから・・・ま、いいか」と思って店員さんの言いなりになってしまう自分が情けない(T_T)
そのかわいらしい下着を手に持ち、レジカウンターのそばを通ると、ライバル会社のWのTシャツ用ブラを見つけてしまった。「こーいうのが欲しかったんだってば」と思わず手に取り、眺め、即座にチェンジ!・・・はいいけど、このTの下着を元に戻さなくちゃ・・・。
厚顔無恥というのは大ウソで本当は気の小さい私です。「やっぱこれやめるわ」と言えないので、さっきの店員さんにわからないように商品を戻そうと思ったわけですね。
しかしその店員さんはさっきのワゴンの傍にはりついているんだな・・・。
別のワゴンにそっと入れちゃえばわからないんだけど、なんだかそーいうこともできない性質でして・・・。
彼女に知られないように元の場所に戻す!ことに突如使命感を燃やしてしまったわけです。
Wのワゴンの前で商品を選ぶ振りをして彼女をチラっと見ると目が合っちゃうんですね(^_^;)
おーーコワ。あなたの会社の商品はほら、まだちゃんと持っているわよ。いいでしょ私がライバル社のものを選んだって。
彼女がそんなことを気にしているかどうかは知りませんが、とにかく彼女の見ていないうちに商品を戻すのだ・・・店員さんの目を盗んで・・・ってなんだか万引きしてるみたいじゃない。違う違う商品を元にあったところに戻すだけなんだってば。
様子を伺うこと20分くらいはワゴンの周りをウロウロと品定めする振りをして歩き回りました。
なんでこんなに気を遣うんだ・・・アホだな私、と思いながらも彼女が別のお客さんを試着室へ連れていく隙に元のワゴンの中に戻しました。
そして店員さんの目を気にしながらWの商品をレジカウンターへ持って行ったのでした。
あーードキドキした。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-28 23:38 | 観劇記 | Comments(0)

トラブル

厚顔無恥で日々を過ごしている私ではあります。ツラの皮が厚いことと皮膚がとても丈夫だということが私の自慢でした。吹き出物に悩まされる思春期を過ぎてからはお肌のトラブルには無縁だったのですが、そんな私がめずらしく化粧品かぶれをしてしまいました。
この日曜日に名古屋のデパートで、常に私が愛用している化粧品メーカーの新製品の美容液をサンプルでもらって、お肌にハリが出ることを夢見てせっせと顔にぬってから2日後に、顔中にしっしんができてしまいまいした。
「なんかカユイ」と・・・気がついたら顔中ポツポツと吹き出物が・・・
こんな私でも・・・そしてこの歳になって、愛用の化粧品メーカーのもので、こんなトラブルが起きようとは・・・自分でもかなりびっくりです。
もちろん今はその新製品の美容液は使っていません。大人の肌に効果的な美容液が私の肌に効果的でなかったということは、やはり私はお子ちゃまであったか。いやそんな冗談をいっている場合ではないのだよ。現在はかゆみは治まったものの、ブツブツはまだ消えないです。顔にしっしんができると憂鬱ですね。だって女の子だもん。普段から化粧品とか洗顔料は何でもOKな私だっただけに、突然トラブルに巻き込まれちゃうと、今まで使ってた全ての化粧品に対して疑心暗鬼になってしまう。これはいつも化粧品だけを頼っていた私への警告なのかしら?顔には何もつけたくない気分です。でも何もつけないわけにはいかないので、恐る恐る最小限のケアだけ仕方なくしています。早く良くなりますように・・・。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-26 01:43 | 雑記帳 | Comments(0)

ついにおきたか・・・

宝塚で今、私が一番好きなトップスターさん、朝海ひかるさんが退団発表をしました。
全国ツアーで各地を回った「銀の狼」の評判がよくて、リピーターが増えてどの会場も客入りが良く、大劇場公演の「ベルサイユのばら」も劇画から抜け出たようなオスカルで大ブレークして、これまた大入り満員でしたから、常に散り際を考えるトップさんならそろそろかな?と覚悟はしていたものの、実際に発表されてしまうと・・・この上なくショックです。今日はファン同士で(T_T)のマークのメールが行き交いました。

朝海さんといえばタカラヅカの中でも特に小顔で華奢な体型の男役さんだったのでトップ就任当時の私の印象は「どことなく頼りなさげ、でもダンスが得意な綺麗な男役さん」でした。この頃はまだ朝海さんにはハマっていなくて、ただキレの良いダンス見たさに劇場へは通っていたのです。

でも2004年に大和の国を題材にした「スサノオ」で斬新なファッションとカツラとメイクでまるで劇画から抜け出たようなスサノオを演じたころから「おっ」と注目し始めました。今思えばスサノオはロングの黒髪でしたね。どうやら私はロンゲの朝海さんに弱いらしい。

その後中日劇場の「ロマンス・ド・パリ」で2番手役の水夏希さんと見せてくれた男役同士のコンビネーションがかっこよくて、コロコロと坂道を転がるように雪組に落ちていったのです。

今年再演された「ベルサイユのばら」は、海外から新しいミュージカルがどんどん輸入される今日では、【幼稚な作品】だと私は思っていました。
なのに朝海さんのオスカルを一目見たその日から「オスカル様ラブ」になってしまいましたから、朝海ひかるさん演じるオスカルがいかにお客さんの目を奪い、ベルばらの世界へいざなって夢を見させてくれたか・・・・すみません、もはや「朝海さん命」となっているファンの私のコメントは留まるところをしらないようです。アンドレもアランもロザリーも周りの役者さんたちもその役になりきっていましたから、本当に今回の「ベルばら」は観ていて楽しかったです。
朝海さんにもその手応えは伝わって、きっと退団の決意をされたのではないかしら?と思います。「もっともっと観たい」とファンが惜しむ中を去っていくのですよね。長年ヅカファンやってりゃわかりきった方程式ですけど、つらいなぁーーー(T_T)

タイトルの「ついにおきたか・・」はバスティーユ陥落の時に瀕死のオスカルが「遂に落ちたか」と息絶えていくセリフのもじりです。退団発表がついに起きたかと手を宙に差し伸べて息絶える私がここにいたのです。ファン万歳!
[PR]
by moonislandn | 2006-05-24 00:06 | 観劇記 | Comments(5)

大須商店街

大須観音の近辺にある商店街はどのお店もユニークです。
今回はデジカメを持っていかなくてものすごく残念。お店の入り口を撮影しただけで一冊の写真集が作れそうなくらいどのお店も個性的でした。
食べ物屋さんと洋服屋さん、呉服屋さんが交互にひしめいていて、どのお店も自己アピールがすごいんです。

まずはぎょっとするアイキャッチ。例えば洋服を売っているお店なら、すっごい奇抜な色やデザインのファッションで「何これ?」といった具合に通行人の足を止めさせます。
そしてたいていどのお店も奥には中古のドレスが飾ってあります。ウェディングのお色直し用なんてシロモノじゃぁありませんぜ。大昔の宝塚の娘役の衣装かと思うようなドレスが売り物として飾ってあるんですよね。こんなもの買う人がいるのか?と好奇心でお店を覗いては首をかしげる友人と私。若い子向けのお店ならば値段で勝負とばかりに500円・1000円といった商品を山積みに並べて人目を引いてました。

商店街を歩いている人も年齢層は幅広く、国籍もいろいろ。飲食店はほとんどオープンカフェ。カフェじゃない串かつ屋さんも外にもテーブルが置いてあって、お客さんが一杯飲みながら串かつ食べてたりします。鳥肉のグリルを食べさせてくれるお店ではブラジル国籍のお客さんが陣取っていました。オープンカフェとは程遠いですね・・日本の下町の商店街のお店の外にテーブルをおいただけなので、かなりミスマッチ。どちらかというとアジアの屋台みたいな感じで、ごちゃごちゃしてました。

しかし私はぎょっとするファッションのお店で思わず買い物をしそうになったんですよ。
今はやりのボレロ風の丈の短いGジャンがかわいらしかったので、つい足を止めてしまったら、春風亭小朝さんによく似た店の大将の口車にまんまと乗せられ店内へ連れていかれて、彼のすすめる胸元にフリフリの一杯ついた、いわゆる「オスカルブラウス」を買いそうになりました。フリフリブラウスを見てかわいいと思ってしまったんですよ。1時間以上この商店街を歩き回って、私のファッションセンスはかなり毒されてしまったらしい。
「えーーと白いのと黒いのとどっちにしようかなーーー」と鏡の前で交互にあてて選んでいるときに、ふと私の友人の顔を見たら(-_-;)←こんな顔だったので
「変?」
「いや・・・別に」
「やっぱ変だよね。こんなの着て外歩けないよね」
「いや・・・別に」
若くて美しいタカラジェンヌさんが着たら似合うかもしれない襟の立った、胸元フリフリのノースリーブのブラウスをちょっとだけ後ろ髪を引かれながら、元の場所に戻してそのお店を出ました。
小朝さん似の大将はイヤな顔はせずに「またどうぞーー」と送り出してくれました。
その後もあちこちのお店で「あ、これおもしろい」と舞台衣装・民族衣装のような服を手にとっては戻すこと数回(^_^;)
値段が安いからつい買ってしまいたくなるんですよ。

この前行った浅草の商店街もおもしろいけど、大須はそれに輪をかけておもしろいです。
大須は10年くらい前まではかなりさびれた商店街だったらしいです。それを若い人に来てもらおうと、コメ兵が大型リサイクルショップ店に変身したのを機に周りの個々のお店も頑張って変身したということを昔テレビの特集で見た記憶が蘇りました。

すっかり国籍不明の商店街になってしまったけれど、お客さんがたくさん来て活気があるのはいいことですよね。そういう点ではちょっと元気が出る場所です。

商店街の出口で最後に私の目を釘付けにした洋服のディスプレイ
f0030429_0294474.jpg
ケイタイで撮ったので画像が悪くてすみません。そのお店のトータルファッションで全部で1000円なんだけど・・・今時、いや昔も今もこんな服着る人いるのかいな?
あまりにおかしかったんで引き返して撮影しました。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-23 00:39 | Comments(3)

大須再び

今日は名古屋の鶴舞にある勤労会館で市村正親さんと藤原竜也君の二人芝居「ライフ・イン・ザ・シアター」を観てきました。年配の役者と現代っ子の役者のやりとりを聞きながら、その場の空気を感じたり、世代の違う二人の中にある気持ちを汲み取ったりするちょっと難しい作品でした。でも1時間40分(休憩なし)の時間を長いと感じさせずに持たせたのは演技派のお二人ならではで、二人の魅力的な役者さんを見るという点ではおもしろかったです。

あ、今日は観劇感想じゃなくて、「大須再び」ですね。
鶴舞の帰りにふと、となりの駅が「大須」だということを思い出しまして、「大須へは行ったことがない」という友人を誘って散策することにしました。

実は大須の「コメ兵」でじっくり安い物を見たいという気持ちが前々からあったので機会を狙ってはいたんですけど、今日はふと思い出したんですよ。
コメ兵はとても大きなリサイクルショップでビルが4つもあって和服・ヤングカジュアル・高級ブランド品・買取センターと分かれています。
私がまず入ったのは和服売り場。お値打ちな和装のロングコートを探しました。
友人が3980円と書かれた値札の着物がずらりと並ぶ中からどんどんロングコートを探してくれて、私が洋服の上にそれらを羽織るという分担作業のおかげですぐに良い品物を見つけることができました。
しかしそれには「正絹」と書かれた緑色の札がついているのみで値段が書かれていません。
仕方ないのでコートを羽織ったままレジへ行き「いくらですか?」とたずねると売り場のお姉さんが「当店は値段が色分けされていて、緑色は500円です」とレジの上の張り紙を指しながら言いました。どことなく得意げに見えたお姉さんの顔をじっとみつめたまま私はその場で固まってしまいました。
・・・・ごひゃく・・・えん

何を基準に500円なのか?3980円のものと500円のものとの差はまったくわからないまま、「サイズが合わなかったらどうしよう?」という私の迷いはその時点でどうでもよくなり、その場でコートを即買いしました。
傷や汚れはあるかもしれませんが、エンジと黒の縞模様なので、もしあったとしても気にならないし、とにかく素敵なコートだったんです。「ふふふ・・・これで冬に歌舞伎座へお出かけできるわ」としばし妄想。

その後は高級ブランドのビルへ出かけ、宝石やらバッグやらをじとーーーっと眺めてウィンドウショッピング。「ねぇこのグッチの時計ほしい!29800円だよ。買って買って。」と言ってみるものの、返事してくれる人もなく、その代わりに「観劇1回やめたら買えるよ」と冷ややかに友人が言う。

「そんなことより買ってくれる人みつけなきゃ。こんなものは自分で買うものじゃないわ」と捨て鉢になって売り場を出ました。

長くなってしまったので、大須レポはまた明日に続きます。
明日は大須商店街。これまた楽しいですよーー\(^o^)/
[PR]
by moonislandn | 2006-05-21 23:30 | 雑記帳 | Comments(0)

記憶が・・・

私はいつも夜中に洗濯物を洗濯機に入れて、タイマーをかけて寝ます。翌朝起きたら洗濯が完了していて干すだけっていう具合にして、たいていの働いている人がするように時間節約をしています。
それでタオルと白い物、色のついた物に分けて交代で洗濯しているわけです。
毎日する必要はないので貯まったらお洗濯するわけですね。
もっと細かく言いますと、水はお風呂の残り湯を使って水道代節約もしてるわけですね。

今朝起きたときに、「あれ今日はどうだっけ?」とふと思いまして、寝ぼけまなこで洗濯機を開けたら、げっ!洗濯してた。
なんで驚いたかって言いますと、洗濯物を洗濯機に入れてお風呂の浴槽にホースを引っ張って、タイマーをセットした記憶が私には全くないのです。
しかも順番でいけば貯まっているタオルを洗うはずなのに、色のついたシャツやGパンが少量入っているだけ・・・・????
ヤバイ・・・昨夜の記憶がない・・・。記憶がないにしろなんで昨夜はこんなに少量の洗濯物を入れたんだろうか?
皆様にはどーでもいいことですが、私にとっては大問題!
昨夜は記憶を失うほどお酒は飲んでいないはずなんだけど・・・・いや飲んだのかしら?
記憶がないだけにわからない・・・・。

Gパンと3枚ほどのTシャツを干しながら朝から落ち込む・・・・。
なんでだろう・・・・なんでだろう・・・・
[PR]
by moonislandn | 2006-05-18 00:08 | 落語 | Comments(0)

BS笑点

BS日テレで『BS笑点』を見ました。
春風亭小朝さんが当落語会のさん太さんのネタを演じるというので、録画してさっき自宅に帰って何はさておき見ました。
「こうもり」というタイトルの噺で、1月にさん太さん本人が名古屋の大須演芸場でそのネタをかけて大ウケしたのは私の記憶に新しいです。1月のブログにも書いてありますが、『鶴の恩返し』のこうもりバージョンとでもいいましょうか、傷ついたこうもりを助けたおじさんの居酒屋にきれいな娘に変身したあおいちゃんが恩返しにいくお話。さん太さんが「こうもり」を作ったのは随分と前で我々主催の小市民寄席でも何年か前にかけられています。さん太さんが演じている作品、そして馴染みのあるギャグを天下の小朝さんが演じるのをテレビで見るというのはとても不思議な感じがしました。

素人の私が言うのもおかしいですが、さん太さんがネタを提供して1ヶ月くらいしか経っていないはずなのに、さすが小朝さんですよね。作品を自分の物にしちゃってますよね。

この前地元の会館で見た「小朝独演会」でさん太さんの別のネタを演じて「さん太さんがやった方がおもしろいよねぇ」とみんなで感想を述べ合った前座さんとは全然違いますねぇ。
小朝さんの「こうもり」でしたものね。真打の技術と演者の感性なんでしょうかね(^^)
まくらのチョイ悪おやじとおばさんの対比はおもしろかった。チョイ悪おやじのネタは当会でも言われているものでしたので、さん太さんがらみなのかなぁ?

しかしこんなことがなかったらBS笑点なんて知らなかったです私。
地上波の「笑点」と同じような構成ですが、出演者さんが若手の落語家さんです。(若手といっても・・・死にそうじゃないって位の年齢ですが(^_^;))
そしてなにより、自宅のテレビでBSデジタル放送が見られることを今回初めて知りました。
いつもタカラヅカチャンネルしか見ていないので他のチャンネル出したことなかったんです。
(地上波は別のデッキで見てますから)

BS笑点はリピート放送があるので多分来週の土曜日も同じ放送なんじゃないかな?
土曜日の7時から放送ですのでよろしかったら見てください。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-14 01:17 | 落語 | Comments(2)

やはり三日坊主だったか_(._.)_

そうそうネタはないわね。
しょうがないんで今日はカミングアウトしちゃおうかな・・・。

実は先日東京でナンパされました。
「おいおい、自慢話かよ・・」
「違うのよ、これにはオチがあるのよ」

・・・・あ、なぜだか文体が山口祐一郎さんになってる・・・・?
山口さんていつもこんな心境で文章書いてるのかしら?

オチを先に言ってしまえば、地下鉄の通路で私に声を掛けてきたその男は変質者だったのサ。

思い出すのも不愉快なんで、詳しくは書きませんけどね。
とにかくしつこくべったっりと私の横にくっついて、「お願いですから一緒にお茶を飲んでください」を連呼していたソイツがあまりにもしつこいので「こいつマトモじゃない」と、私が悟り、こちらの口調がキツクなった瞬間に「さ・さわってもいいですか」とぬかしやがった。
今にも手を出しそうな雰囲気だったので、私は思いっきり走って逃げました。
薄暗い夜道ではありません。人通りのない地下の通路ではありましたが、朝10時の出来事です。

今日は落語の集まりがありました。時が過ぎて、気色の悪い出来事もそろそろ笑い話になるかなと思い、「この前こんなことがあったのよ」と話したら、「いやー変質者でも声掛けられてよかったじゃないですか」「きっと後姿見て勘違いしちゃったんでしょうね」「そいつはずーーっと網張ってて、姉さんが初めてそこを通った女の人だったんですよね」

はいはい、皆さん予想通りのコメントありがとうございます。

その日は私は宝塚観劇でした。雪組公演「ベルサイユのばら」
ロザリーが女性のオスカルに恋する場面。
「そうよロザリー、男なんてけだものよ。オスカル様を愛して愛して愛しぬくのよーーー」
かなり偏った意味で「ベルばら」に没頭し、ひたすら客席でオスカル様に恋する私がいました。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-12 01:22 | 雑記帳 | Comments(0)

久々にリンク更新

私のブログが3日間連続で更新している。すごい!すごいじゃない!!
三日坊主という言葉もありますが、今週は『毎日ブログ更新』を目安に頑張るぞ!!
と、意味もなく気張ってみる。

実は本日の話題は「リンク更新」です。
落語仲間の和音さん、別名アニーさんよりHPを作りましたとメールでお知らせがありました。
和音さんと言えば、落語の寄席で漫才のネタやコントの台本を書いてくださったり、素人の我々に演技指導をしてくださったりして、私は大変お世話になっている方です。副業としてコピーライターなんかもしている言葉のプロフェッショナルな方なので「ブログ作ればいいのに」と常々おせっかいをやいていたのですが、とうとうやってくれました。

HPに掲載されている数々のエッセイをさきほど読ませていただきましたけど、さすがですねぇ。感性豊かといいましょうか、奥が深いといいましょうか、さすがプロですね。素敵な文章にほっこりさせていただきました。
私のHPにさっそくリンクさせていただきました。
Annies Diningです。どうぞご覧下さい。
和音さんの文章を読むと自分の文章がいかに幼稚で浅はかなものかと痛感いたします。
まずは語彙の量が違うわね。
人と比べたってしょうがないんだけど、刺激にするのは良いことですよね。
和音さん、私のためにも頑張って更新してくださいね。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-10 00:34 | 雑記帳 | Comments(3)

間がいいと言うか、悪いと言うか・・・

Good Timing or Bad Timing
似たようなタイトルの三谷さんの作品がありましたよね。
最高の事態が最悪のタイミングでやってくるっていうサブタイトルでしたっけ。
今日はまさにそんな事件が起こりました。

今日の午後うちのお店に電力会社の方が『漏電の検診』にやってきました。
「仕事中ですので、今停電すると困るんですけど」と私が言うと
「漏電を調べるだけですから電気は止まりません。大丈夫です。」とおっしゃるので
「ではどうぞ。お願いいたします。」とお願いして、急いでとなりの編集室に行き「今から漏電の検査があるそうですが、停電はしないということですので」とパソコンの前に向かっている我がボスとスタッフさんに一応報告。
再び自分の席に戻って自分の仕事を始めようとしたところでバン!と電気が落ちました。それも店中全部の電気が(@_@;)
私が外へ出るより早くボスが外へ出て検査をしている電力会社の人に「電気が落ちたじゃないかーー!何やってるんだよ!!仕事してるのがわかんないのかよ!!!」と罵声を浴びせました。
いやぁ・・・ボスの気性を知っている我々は一瞬にして凍りつきましたね(';')
「あ・・・あの・・・私は何もしてません。ただ・・・配線を見てただけですから」とボスよりもあきらかに年上だと思われる電力会社の方はオロオロと泣きそうな顔で後ずさりをしながらしどろもどろの言い訳を。
「じゃぁなんで停電するんだよ。大事な仕事のデータが飛んだらどーすんだ!」
うちも仕事でたくさんの電気を使っていますから、たとえヒューズが飛んだとしても、全部の電気が一瞬にして落ちることはないんですね。なので突然の停電は何か異常なことが起こったとしか考えられないのです。
過去に一度近くの配電の鉄柱に自殺願望者がよじ登った時には、この地域一帯の電気が突然停電したことがありました。そのときはうちとお向かいの証券会社の社員さんたちが飛び出してきて「うわぁーーー」というムンクの絵のような表情をして道路をはさんでお互い顔を見合わせて立ち尽くしていたことがありましたっけ。
今回はお向かいの証券会社の人は出てこなかったので、停電はうちだけだったんですよね。
「とにかく原因を調べます」と震えながら電力会社の人は配電盤をチェックし始めました。脚立を運ぶ手がガタガタ震えていたのでかなり動揺していたものと思われます。

「とりあえずコーヒーでも飲みましょう」と気を遣うスタッフさんに「血圧が上がってめまいがする」と椅子に倒れこむボス。オロオロと歩き回る私・・・・。
電気が止まっちゃうと何もできなくなっちゃうんですよね。
電力会社の人が助っ人を呼んで二人係で原因追及すること30分。その間にもお客様はいらっしゃるし、真っ暗な店の中で「すみません電気代が払えなくて電気止められちゃって」という冗談ともとれないようなジョークを飛ばしながら応対する始末。お客様が常連さんばかりでよかった。

いろいろと調べた結果、電力会社さんの報告によれば編集室のエアコンが漏電していたということで、たまたま漏電チェックに来た時に電気が落ちたのだそうです。前日の雨も影響していたんでしょうか???
「漏電チェックの日でタイミングがよかったですね」と助っ人さんは努めて明るく、我々を励ますような言い方をされましたが、運悪く罵声を浴びてしまった方は「ホントに私は何もしてませんので」と帰る間際にも身の潔白を訴えておられました。
本当に申し訳ないとは思うのですが、あのようなタイミングで電気が落ちれば、だれだって「お前がなにかヘマしたんだろう?」と思わざるを得ないんですってば・・・。

いかにも気の小さそうな係りの方が今頃酒を飲んで暴れていないことを祈ります。
[PR]
by moonislandn | 2006-05-09 00:31 | 雑記帳 | Comments(0)



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
全体
観劇記
落語
雑記帳
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
himikaさん、コメン..
by moonislandn at 17:31
okadaさん、そーいえ..
by moonislandn at 23:13
足の裏の注射の痛さが出て..
by himika1016 at 09:28
カメラウーマン moon..
by azumada okada at 17:09
マリカさんお返事遅くなっ..
by moonislandn at 10:48
お久しぶりです!なーんと..
by マリカ at 20:53
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 21:54
お久しぶりです。 励ま..
by moonislandn at 23:35
ふりかけさん、ありがとう..
by Moon at 23:45
台湾旅行日記、心待ちにし..
by ふりかけ at 07:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧