雑記帳

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

忘年会だっつーーのに

落語の忘年会が7時からありました。

私は8時過ぎまでガリガリ仕事をして1時間半ほど遅れて会場に・・・
みんなのノリについていかなくてはと、ガンガン飲みまくりました。
そして皆さんのご披露してくださるネタにガハハと笑いました。
二次会にも行っちゃいました。
グラス2杯飲みました。

忘年会はお開きになり、12時に仕事場に直行して・・・2時まで仕事しました。

実は明日うちのボスとアシスタントのK子ちゃんは撮影でネパールへ出かけるのだ。
一週間いなくなる間のK子ちゃんのお仕事を私が代わりにやるのサ。

あのねぇ・・自分の仕事でイッパイイッパイなんだけど・・・なんて言いいわけが通るわけもなく。
2時までK子ちゃんに絞られて、パソコンの前で熱いご指導ご鞭撻をうけておりました。

ガンガン飲んで、私の身体に入ったアルコールはいったいどこへいったんだ??
すっごい正気でPCに向かう自分を尊敬しました。

明日から一週間、無事にやり過ごせるのかしら・・・・
不安でいっぱいです。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-30 02:26 | 雑記帳 | Comments(2)

新しい試み

wowwowで放送された三谷作品の「コンフィダント」を見ていて{?}不思議に思ったこと・・・
「笑い声が入ってない」「カメラワークが複雑すぎ」「な・なーーんでカメラが舞台袖から舞台中央へ寄るんだよっ!」という疑問がわきました。
なんかライヴ感がないんだけどーーーと、思って見終わりましたら、放送終了後に三谷さんが登場して「今回は新しい試みに挑戦しました」と言っているではないか!!

劇場放送用に芝居をしたんだって・・・・わかります??
カメラで撮影するために役者さんに舞台で演じてもらったんだって。
よって客席は観客はなし。

だからカメラワークは抜群だったけど、客席の反応がなかったから、とても静かだったんですね。
私が劇場で観たときには、笑いや拍手が起こったところで「何も起こらなかった」疑問が解けました。
三谷さんが言うには、劇場中継って所詮ライヴには勝てないし、映画にもならないので、芝居を放送するために新しい試みで撮影したかったんですって。
だからカメラがいろんなアングルから、例えば客席の前列を左右に移動するようなアングルや、袖から舞台中央へのアングルができたわけですね。

カメラワークはとてもおもしろかったですけど、やはり客席の反応がない分ライヴ感には欠けましたね。
笑わせるところの場面が妙に静かなのがとても気になりました・・・・が、今日友人が「コンフィデントとても面白かった」と言ってくれたので、おもしろさは伝わったのかな?
ライヴではもっと笑えたんですけどね。

でも物を創る人っていつだって新しいことに挑戦していきたいんですよね。
凡人はどうしたって守りに入りたがるのにね。
「なんで普通のライヴ中継にしてくれなかったのよ。」と思いつつ、新しいことに挑戦する三谷さんにも拍手を送りたいというジレンマに陥るMoonでした。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-25 00:45 | 雑記帳 | Comments(2)

Moonイチオシ

今さらながらに「落語に目覚めた」私ではありますが、ミュージカルだってちゃんと観ますよ。
来年6月の予定だって入っているんだゾ!スゴイでしょ(~_~;)

来年1月には草刈民代さんのバレエだって観に行くんだゾ。
バレエ・バレエ・バレエ・・・・実は大好きなのに、なかなか余裕がなくて観にいくことができなかったんですね。
名古屋で日曜日の公演があると知ったとたんに「お安い席」を購入してしまいました。
クラッシック定番の「白鳥の湖」ですが、久しぶりなのでとても楽しみにしています。

最近では資金難ということもあり、なるべく近場で、座席は一番安い席をモットーにチケ取りをしています。
ライヴを見て舞台と客席の一体感を味わうことが観劇の醍醐味ではありますが、映画を見たり、お茶の間で劇場中継を見るのも楽しみのひとつですよね。

そこで皆様にお茶の間劇場のご案内。
23日の13時30分からwowwowで「コンフィダント・絆」の放送があります。
これは三谷幸喜さんの作品で、私が今年観たミュージカルのベストスリーに入ります・・・
と言って、今年三つくらいしかミュージカルを見ていないんじゃないか??
じゃぁベストワンです(^_^;)
とにかくオススメの作品なのです!!
ゲラゲラ笑えてボロボロ泣き、感動の残る作品でした。

個性的な役者さんたちの発するパワーと舞台上でのチームワークの良さはテレビの画面を通しても十分伝わるのではないかなぁと期待しています。

可能な方はどうぞ録画してご覧ください。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-23 00:11 | 雑記帳 | Comments(0)

大須打ち上げ

今回も寄席見物の後に天狗連メンバーの打ち上げがありました。
大須にはおいしい食べ物屋さんがたくさんあるので、お昼も夜も大須のお店でグルメ三昧でした。

しかし、今回の打ち上げはスペシャルなのでありました。

ななな・・・なんと権太楼師匠から「いっしょに飲もう」とお誘いを受けたのです。

師匠が天狗連メンバーを快く思ってくださったんでしょうねぇ・・・
ヘルさん、さん太さん・・・ありがとうございます

寄席の舞台ですっかり師匠の話芸の虜になった私です。
寄席で熱演されたばかりの師匠と、客席で興奮状態のお客が一緒の席でお酒を飲めるなんて、信じられないくらいの幸福です。

高座を降りて「ふつうのおじさん」に戻った師匠ですが、天狗連一の権太楼ファンである虚生さんの暑苦しいまでのレポーター顔負けの熱烈インタビューに真剣に答えてくださいました。

師匠はタレント活動なんかしないで、あくまでも古典落語を自分流に伝道してくださる、まぁ・・・正統派の落語家さんです。師匠の創作落語「ジャンバラヤ」を鈴本の演芸場で聴いたことのある私ですが、師匠は「創作やると、(新作)ばかり期待されちゃうから、敢えて古典だけをこれから演じようと思ったの」と、おっしゃいました。
本当に落語を愛している方なんだなぁと思いました。

「この人は歌舞伎ファンで『勘太郎で東京に行けても権太楼ではいけない」』と言った人なんですよ」と、某公務員が言いました。
(クッ!公務員って、どうして他人蹴落とすことを言うかね!!)

師匠はにこやかな笑顔で「東京に来たら是非「鰻の幇間」を聴いてほしいなぁ」と私の目をじっと見つめておっしゃった。

「あーーーっ!テレビで見ましたーーー!!」
「よしおちゃんがでてきたでしょう」
「よしおちゃーーーん!!」
「あれねぇ、あれは僕のオリジナルなの・・・でも僕の作ったよしおちゃんが一人歩きしちゃってねぇ・・評判いいの」

そうなのです。師匠の古典落語が聴きたくて、テレビ番組を検索していたら、たまたまみつかったのが権太楼師匠の「鰻の幇間」なのでした。

太鼓持ちが鰻をゴチになろうとして連れて行かれた先の鰻屋がとってもきたなくてまずい鰻屋で、そこにはよしおちゃんと呼ばれるクソガキがいて・・という設定なのです。

知らなかったーーー、あのよしおちゃんは師匠の創作だったのか・・・・。

そんなことを感じながら、つい最近他の演者さんによる「鰻の幇間」を聞きましたが、全然違うのね。当然クソガキのよしおちゃんは出てきませんし・・・・メリハリはないし、なんか全く違う話なの。同じ話でも演者さんによって全然ちがうんですね。

これが落語の醍醐味かな。
自分の贔屓の落語家さんを見つける・・・・後はご贔屓の話芸を聴くのみ。

えーーつ、そんな話とは全然関係ないのですが、師匠のお弟子さんのごん坊さんは天狗連のポストとウリふたつでした。
二人並べて記念写真を撮りました。
f0030429_856447.jpg
ごん坊さんはそれはそれはとても気のつく方で、常に神経をピリピリさせて飲み屋さんの中でまめまめしく動いてました。
「こらーーポストお前が働かんかい!!」
と、天狗連の幹部連中からクレームをつけられていましたが、いつもはとても気のつくポスト君なのですが、「ごん坊さんの仕事を取っちゃあいけない」と気を遣い(?)ニヤニヤと笑うばかりなのでした。(私のためにコンビニに走ってくれてありがとね)

ごん坊さんとポスト・・・似ているようで似ていない二人です。

私と言えば、権太楼師匠の眼力にすっかり捉えられえしまって、毎日師匠のCDを聴いたり、古典落語の本をネットで買ってみたり、遅まきながら落語の勉強をしているとjころです。
(勉強って言っても高座に上がるためじゃなくて(^_^;)今さらながら見聞を広めているんですよ。)
NHKの「ちりとてちん」も楽しんで見ています。

あーーーー、どんどん落語にハマっていく自分が見えますーーーー。
マイHPのタイトルを変えなくちゃ・・・「月島亭へようこそ」
マジで考える今日この頃です。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-17 00:43 | 落語 | Comments(5)

なごや大須亭第二部

第二部は待ちに待ったプロの皆さんの落語だよぉぉ~。

前座さん2名の落語「牛ほめ」と「粗忽長屋」の後に、真打登場。
権太楼さんの「井戸の茶碗」と「笠碁」の2席。
間に色物の太神楽が入りましたが、なんと若い女性ひとりで曲芸を披露してくださいました。
真面目でおとなしそうな乙女が一生懸命に皿を回したり、和風ジャグリングを見せてくれたり、ハラハラドキドキのバランス芸・・・とにかく懸命さがヒシヒシと伝わり、感動いたしました(T_T)

本題は落語であった・・・。
師匠の落語はもーーう、ゲラゲラ笑いを通り越し、俗に言う「腹痛ぇ・・・」くらい笑いました。
話芸もさることながら、あの眼力と顔芸には恐れ入ってしまいます。
おもしろいから是非聞いてみて・・・・ってCD渡してもダメなのよね。
この師匠の落語はぜーーーったいライヴで聴かなくてはダメです。
顔芸がものすごいんですから。

「とにかく人生こんなに笑うことってないよね」っていうくらい笑わせていただきました。
私は寿命が3年は延びましたよ。
人生長く生きたい方、本当にマジで、全身全霊を込めて言っちゃいます。寄席におでかけください。是非「落語のライヴ」を聴いてください。

あ、でも演者はちゃんと常連さんに聞いて選ばなきゃダメよ(^_^;)
[PR]
by moonislandn | 2007-11-13 01:27 | 落語 | Comments(0)

なごや大須亭第一部

アマチュア落語フェスティバルと副題がついた第一部の出演者は全部で4名(特出のマジックの方は除いて)
アマチュア落語が全て終わってから権太楼師匠が登場し、総評をして下さいましたが、ここでは出演者さんと師匠の感想を並べて書きますね。

最初は3人の子持ちのママさん落語家。35歳のとてもかわいらしい女性でした。
女性落語家によくありがちな、キンキン声をはりあげることもなく、ソフトでゆったりとした口調でお客さんとアイコンタクトを取りながらとてもわかりやすく話しをしてくれました。
でも演目は「勘定板」。私は初めて聞く演目です。タイトルからは想像できない「便所の話」
お客さんにウ○コを何度も連想させるセリフが出てくるんですよね。
こんなかわいらしい人がもったいないなぁと客席で思いつつも、つい笑ってしまう箇所はたくさんありました。

師匠は開口一番は「持ちネタはいくつ?19?そんなにネタがあるならなんでこのネタを選んじゃったのかなぁ」でした。
眉目秀麗な女性にはふさわしくないということをその後いろいろと説明してくださいました。
「落語って想像するじゃない?」・・・確かにそうですね。
でも彼女は下ネタの演目が好きなんだそうです。子供たちにはウケるネタだよね。
私は彼女がマクラで子育ての一部をおもしろおかしく話してくれたのがとても印象に残っています。
あんなふうにおもしろおかしく子育ての話をしてくれると、子育てで悩んでいるお母さんは救われるんじゃないかなぁ。実体験で得た子育てのノウハウを創作落語にしたらPTAで引っ張りだこになること間違いなしです。(あーー、エラそうに言っちゃった)

二番目は全日本学生落語選手権で審査員特別賞を受賞した大学生。
「北海道から飛行機に乗って20分の話をするために来ました。」と言って笑いを取っていました。
この方も立て板に水のごとくなめらかな口調で口跡もよくシロウトにしてはウマイよなぁという落語を披露してくださいました。演目は「長短」気の短い人と長い人が話をすると・・・というお話。
これは有名だから私でも知っていました。(でも私はあまり好きな話じゃないけど)

師匠は「目線の位置が低い」とおっしゃった。もう少し顔を上げてやってごらん・・・と、突然師匠が「長短」を始めました。
さっき聞いたばかりの話ですが・・・「全然違う・・・」空気がガラッとそれこそ音をたてて変わったかのように、高座で瞬時に性格の違う二人の人物が登場しました。
場内から拍手が起こりました。
「ね、随分と雰囲気が変わるでしょ」
目線だけの問題ではなさそうですが、顔が上がると落語家が大きく見えました。

さて三番手は減滅渡(ヘルメット)さん。
上方落語の「延陽伯」(江戸では『たらちね』)
むさくるしい長屋住まいの男のところに公家の娘が嫁に来るお話。
身内だからということもあるかもしれないけど、ヘルさんが出てくるとなんか安心する。
本人は「ものすごく緊張していた」と言っていたけど、高座に上がると水を得た魚のようになって楽しそうに演じてくれるのです。ヘルさんは昔笑福亭仁鶴さんのお弟子さんだったので、元プロです。

師匠はそんなことを楽屋で聞いて知っていらっしゃったようで「この人は商売人ですね。」
(師匠はプロという言葉は使わずに「商売人」と言うのです)
とにかく発声が出来ています。落語にはテクニックなんてものはいりません。大事なのは演者がまず楽しむことです。大きな声で演じることは大切です。これからは後輩をどんどん指導してください。」
「常連のお客さんがたくさん付いているならとにかく若手を育ててください」ともおっしゃった。
思わずポスト・キックの顔を思い描いてしまった私。

そして最後はさん太さん。
自作のネタのひとつである「お伽村」
行き倒れになった男が桃太郎に助けられて、彼にお伽話の主人公たちが暮らしている「お伽村」を案内されるお話。いろんなキャラクターの主人公がもし実在したら・・・というとてもおもしろいお話。この創作落語もおもしろいけど、マクラも面白かった。
もしも親と子が契約制度で結ばれていたらという設定で「明日で親子の契約が切れるから、どうかこれからも契約を結んでほしい」と、いろいろ低姿勢で条件を出す親に「フリーエイジェント制をとったからどうしようかなぁ」と他のうちと天秤にかける息子のやりとりは有り得ない話だけにおかしい。
地震警報からアイディアを発生させてもしも天気予報みたいな地震予報があったらという話もおかしくて会場中が笑いの渦につつまれました。大須にもさん太マニアがたくさんいるようで、笑い声とともに「うわーー、こうくるか」といった感嘆の声が聞こえてきました。
とにかくこの人の笑いは予測不可能なのがおかしいです。

師匠の評は「さん太さんはすごいですね」みたいなため息まじりの声がら始まりました。
「この人の頭の中は常に落語のことを考えてますよね。我々落語家は実は生活のことで頭が一杯なので、常には落語のことを考えていないんですよね。」と、プロの落語家を卑下したようなことをおっしゃいました。
そして『お伽村』の出来をたいそう褒めてくださって、「だれにこのネタを提供したの?あぁ、あの息子?あれにはこの話は無理。もったいないよ。」とさんざんなことをおっしゃった。(会場からは同調する拍手が上がった)
「でも・・・言わないでね」と最後に甘えるようにおっしゃった権太楼師匠がとてもかわいらしかった。

「自作のネタをカットすることは難しいと思うけど、もっとばっさり切って簡潔にしてもいいですよね」というアドバイスもしてくださいました。
なんとなく師匠はとても機嫌がよいように見受けられました。
みんなが落語のことをとても好きで頑張っていることを受け止めてくださったのではないかなぁと私は思ったのですが。
「この人たちをどうか皆さん、これからも応援してあげてくださいね」というお言葉で「アマチュアフェスティバル」は幕を降ろしました。

私、マジで師匠に褒めていただいた両名を見て嬉しくて泣きそうになりました。
アマチュアだから褒めていただいたということは承知していますが、でもちゃんとそれぞれの良さを知っていただいた上のアドバイスをいただけたのが嬉しかったんですね。

天狗連てすごいじゃん・・・・なんてまたもや鼻を高くしてしまったのでした。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-11 23:35 | 落語 | Comments(0)

寄席ONEなごや大須亭

昨日の寄席のタイトルってこんなんだったのね。
今落ち着いてチラシを見直して初めて知りました(^_^;)

大須の演芸場でシロウトの部門に天狗連の減滅渡さんとさん太さんが出演して、プロの落語家・柳家権太楼師匠がご自分の高座の前に批評をしてくださるという、それはものすごいイベントがあったのです。
その輝かしいステージをこの眼で観るために、私はお仕事をうっちゃって名古屋まで来たのです。

寄席のレポを昨夜ブログで書こうと頑張ったのですが、書きたいことが盛りだくさんで志半ばで(そんな大層なもんじゃないけど)あきらめました。

昨夜書きかけた長文はどこかに保存したと思うのですが、ちょっと酔っ払っていたのでどこにしまったのか思い出せません。

今日はちょっと名古屋まで宝塚の宙組さんを見てきますんで(オイまた名古屋かよ)
ヅカぼけして昨日の衝撃的な一日の記憶が薄れませんように・・・

そして昨日の出来事のブログは本当に盛りだくさんなので、3回のシリーズに分けて書こうかと・・・ぼーーーっとした頭で構想中です。

本当に昨夜の出来事は夢ではなかったのかしら・・・と何度も思う。
今夜は酔っ払わずに頑張ってブログを書こう・・・と思う・・・

んじゃ、今からちょびっとお仕事してからお出かけします。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-11 09:51 | 落語 | Comments(0)

明日があるさ

本日は句会がありました。
今月の自分の句のできはサッパリでしたが、句評ではヤンヤと盛り上がり楽しい句会でありました。
普通ならそのまま二次会に流れるのですが、今夜は仕事場に戻って仕事しました。
あーーー、いきなり盛り下がるなぁ・・・・。

でも週末締め切りの仕事が、結構あってですね・・・・それなのになんと土曜日は仕事を休んで大須演芸場へ落語を聞きにいきますからね。
明日一日が勝負なんですけど、こなせるのかしら???(汗)

とにかく頑張る!・・・とつぶやいてみました。
おやすみなさい
[PR]
by moonislandn | 2007-11-09 00:57 | 雑記帳 | Comments(0)

蜘蛛女のキス

「金欠だぁ~!!」と叫んでいる毎日ですが、本日は池袋の芸術劇場でミュージカル「蜘蛛女のキス」を観て参りました。
「優雅に遊んでるじゃない」と冷ややかな視線を浴びそうですが、本当に金欠なのです。
新幹線代を払うために家の中でどれほど貧しい生活をしているか・・・。
週刊文春の中村うさぎさんのエッセイで消費者金融からお金を借りまくる異常なまでの生活ぶりと自分を対比させて「私なんてまだまだマシ」と自分を正当化して落ち着かせることを唯一の救いとしています。
(貯金は食いつぶしていても金融会社から借り入れはありませんので)

あ、そんな泣き言を言うつもりではありませんでした・・・。
今日は朝海ひかるさん主演?の「蜘蛛女のキス」というミュージカルを観て来たのです。

幕開きにすぐに思ったことは「私、ミュージカルって(宝塚を除いて)すっごく久しぶり」ってこと。
最後に見た作品は何だったかしら?と思い出そうとしても思い出せないくらい久しぶり。
最近は歌舞伎と宝塚と落語ばかり観ていましたので・・・・。

共演者の石井一孝さんとか藤本隆宏さんのお顔を見て「なつかしい~」とコーフンした程です。
そして目当ての朝海さん(蜘蛛女&オーロラ)登場に「かわいい~!!」と身を乗り出す。
男役だったとは思えないマネキンのような前衛的な女を演じる朝海さんに度肝を抜かれました。
すっごい不思議な空気が流れる中、お話は進められていって、別世界へ連れていかれる感覚を覚えました。

朝海さんてものすごく不思議なオーラを発する人ですね。ちょっと・・・というか、かなりいいですね(^^)

観劇記を書くにはかなり重たい内容なのでこのブログだけで勘弁してねという状態です。
とにかく不思議な空気の流れた作品でした。
なんとなーーーくわかったような気のする、奥の深ーーーい作品でした。

金欠だけど今週末は大須演芸場で落語を見て、日曜日には宝塚の名古屋公演を観ます。
美容院には行けずに、化粧品は試供品を集め、洋服は着まわしの私です。
[PR]
by moonislandn | 2007-11-04 23:54 | 観劇記 | Comments(0)



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
全体
観劇記
落語
雑記帳
ねこ
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
himikaさん、コメン..
by moonislandn at 17:31
okadaさん、そーいえ..
by moonislandn at 23:13
足の裏の注射の痛さが出て..
by himika1016 at 09:28
カメラウーマン moon..
by azumada okada at 17:09
マリカさんお返事遅くなっ..
by moonislandn at 10:48
お久しぶりです!なーんと..
by マリカ at 20:53
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 21:54
お久しぶりです。 励ま..
by moonislandn at 23:35
ふりかけさん、ありがとう..
by Moon at 23:45
台湾旅行日記、心待ちにし..
by ふりかけ at 07:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧