雑記帳

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

願望

寄席の日まであと一週間となりました。
落語をされる方はさぞかし緊張されていることでしょう・・・多分、いやきっと。

落語をしない私でさえもかなりドキドキしてきました。
日中プログラムを眺めてはイメトレに励んでいます。

何のイメージトレーニング?

それは衣装替え、それに伴う髪型替えです。

そうなのです。女性陣はコントと寄席踊りに出るので、出番ごとに髪型が変わるのです。
漫才をやる和音さんや落語をするみるくちゃんなんか3回衣装替えがあるわけですね。

私は手先が不器用だし、美容師になりたいと思ったことはないにもかかわらず、髪の毛をいじるのは好きなんです。
多分タカラヅカの舞台を長年見ているので、娘役さんの髪型を見てて「どうやって作るのかしら?」って興味を持っててなんとなく自分の中にインプットされちゃったのか、あらゆる小道具を使って髪形をアレンジするのが好きみたいです。

ただしお手本は「タカラヅカ」だから・・・どんな髪型が得意かは想像できるでしょ。

シニョン(お団子)にした髪型を元にして、付け毛をつけてアクセサリーを付けてアレンジするのです。

自分以外にも他のメンバーのアレンジもあつかましくもやってます。

知らないうちに付け毛のストックが増えてます。
今日もアクセサリーショップで半カツラ買っちゃいました。
別に必要だったわけではないのに・・・あったらいいかなーーーと思って。
それはショートボブの半カツラです。
今回のコントにも踊りにも関係ないのに、「あったらいいかなーーー」と思って。

どうやら変身願望があるみたいです。あ、コスプレ願望はないですよ。家でセーラー服とか着てませんから。(ホントだよーー)

家に帰って半カツラを被ってみました。
そして付け前髪(すでに持ってる)をつけてみた。

「おおっ、藤原紀香みたいっ」・・・な髪型になったが・・・・
安物のダッ○ワイフのようでもある。(写真で見て知ってるんだよーーー)
友人に写メ送ったら「かわいいから明日はこれを被って稽古くるように」と返事が来ました。
フン!言葉の裏側はちゃーーんと見抜いている私です。

寄席を控えてテンションが上がりアホになってるようですね。

そうそう、プログラム見て、自分とメンバーさんの髪型をどうアレンジしようか、そして着付けのお手伝いをしようか、必死でイメトレしてる故のおふざけです。

みんな、べっぴんさんにしてあげるからねーーー。ちょっとちょっと遠慮しないで、いらっしゃいよーーー。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-29 23:10 | Comments(0)

稽古場だより

忙しいのである。なんだか最近仕事が積んでいるのであります。
夜中残業しなけりゃいけないところに「落語の稽古」で9時には稽古場に行きます。

飯の種より趣味を取っちゃうんだから・・・クライアントの皆様本当にごめんなさい。
でもご迷惑をかけないようにギリギリまで頑張るよう心がけているつもり・・・。

友人のつぼみちゃんも毎晩残業の果てに稽古場に来るのですよね。
食事もとらずにお稽古に来るつぼみさん・・・くれぐれも身体を壊さないでね。

今日は木曜日。
メンバーがたくさん集まる日でもあります。

顔ぶれが揃ったので大勢が出演するコントの練習の立ち稽古をしました。
実際に動きながらやってみると、いくつかの疑問やら問題点が出てきますね。

それらをひとつひとつ解消しながら稽古が進められました。
稽古場なのでいろんなアドリブが出て結構おもしろいんですよね。

あーーーー!!今日もまたビデオカメラ忘れましたーーー!!

なんの!!これから面白くなるんだから、カメラ回すのはまだまだこれからよ!!

だ、だよね?みんな?今日がピークじゃないよね??
[PR]
by moonislandn | 2008-06-27 01:36 | 落語 | Comments(0)

お稽古たけなわ

「たけなわ」=比較的短い期間しか続かない状態についてのピーク時(by 新明解国語辞典より)

落語の稽古は5月からスタートしてはいるんですが、みんな集まってはおしゃべりばかりしていて、今年も「ねぇこんなんでいいの?」と内心ドキドキする時期が過ぎ、
そろそろやらないとヤバイんじゃないの?という「やや追い詰められた」状態に陥ってきました。

今日やっと若手の落語を聞いて大御所たちがダメ出しをしました。
そして我々ダンサーズによる踊りの稽古もようやっと身が入るようになりました。
振りはだいたい入ったので(ほんとかよ?)細かいところの所作のチェック。

「あーーーなんで今日ビデオ持って来なかったんだろーー」007.gif

今年も我らダンサーズが「ドル箱スター」(古い!)と誇っている初音さんがおもしろい!
細かいポイントを練習すればするほど、おかしな動きをし始める。
それを若手のみるくちゃんが「ねぇ、どーしてそーなっちゃうわけ?」「何なのこれ?」とけんもほろろに初音さんをなじる・・・じゃなくて指導する姿が面白い!

初音さんて某新聞社の重役なんですよ。
エライ方なんです。でも天はニ物を与えなかったらしく、すばらしく運動神経のない方なのです。
「舞台上でさまようかのごとく踊る姿」と、今年のパンフで紹介されてます。
この方がみんなから叱咤激励されながら踊りを覚えていくプロセスは言葉にはできないくらい面白いのです。

今年は寄席のDVDにメイキングとか打ち上げも録画する予定だったのだ。
明日はビデオカメラを絶対に持っていこう。
なので皆さん、是非今年のDVD買ってくださいね。
舞台よりおもしろいことは約束いたします。

・・・初音さんがネットに疎いことをいいことに、書いちゃいましたーーー。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-24 01:17 | 落語 | Comments(5)

くだらないのがおもしろい

三谷さんの映画「マジックアワー」をレイトショーで見てきました。
レイトショー(最終時間帯)は1000円で見られるんです。

実は今日は結構ヒマをもてあましてまして、夕方から家でゴロゴロ・・・
DVDも見飽きてしまって、こんな時は「くっだらない映画でも見て笑いたいわーーー」ってことで出かけました。
「くっだらない映画」って決して三谷さんの映画を冒涜しているわけではありませんよ。
ちゃんと「笑いたいわーーー」て付けてるでしょ。
くだらないけど笑えるってことはスゴイってことなんですよ。

なーーんかヒマでかったるい時って、お笑いの爆笑ではなくて、「ふふ」って感じのしょーもない系の笑いを欲するんですよ、身体が。

皆さんはそんなことないですか??

今日は雨がしとしと降っていたせいか、なんか身体中がすっきりしなくて、映画館へ出かけること自体がかったるかった。

友人に電話して「ねえ、映画行かない?」
「うーーーん、行ってもいいよ。あなたが行きたいなら」
「えーーー、私もあなたが行ってもいいよっていったら行きたい」

こーーんな中途ハンパな会話が成立するんだから今日は全国的にかったるい日なんだ。

夜9時半開演のレイトショーにマイカーで行くってことは、晩御飯にビールが飲めないってことなのね。(田舎なんで自動車で行かなきゃ交通手段がないのがつらい)
こんな日はお酒でも飲んで早く寝ちゃった方がいいんじゃないのぉ・・・

と、別の私が一生懸命ささやいていたけど、映画が勝ちました。
気分転換したかったのね。

結果、映画は今日の私にはちょうどぴったりの、くっだらないけどふふふな映画でした。
本当にくだらないのよ。でもさぁ大の大人の三谷幸喜さんがこれを作ったのかと思うと、「うらやましい」の一言につきます。

少年が頭で描いていることがそのまま映画になっちゃったみたいな作品です。
子供の心を失わないで大人になることのできた人でなきゃ作れないですよね。

物を創る世界で活躍している人って子供のまんま大きくなった人が多いです。
というか、そんな人でなきゃ人を感動させられないというか・・・
そんな人の周りには自然に大勢の人間が集まってきて、創造物が出来上がるものなんですが・・・。

映画のシーン=三谷さんの妄想=現実という図式がなんだかうらやましくて、笑いながら泣きました。

子供のまんま大人になった人はそれはそれは楽しくて、とっぴょうしもないアイデアや行動で周りを沸かせますが、身近にいる人間は苦労するのだ・・・。なんてことを感じて笑いながら泣けたのでした。

ごめんね、けだるさが尾を引いて、起承転結の結のない話でした。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-23 01:11 | 雑記帳 | Comments(0)

ありがたいこっちゃ

本日は月例寄席でした。
たくさんのお客さまにお越しいただいて誠にありがたいことでございます。
終演後に常連さんたちと、短い時間ですが、お話できるのも楽しいひと時です。

さて終演後メンバーだけで飲み会・・・じゃない反省会があります。(あーーーウソです。やはり飲み会です)
今日はみんなテンション高かったですねーー。
お客さんがたくさん来てくださったからですかねぇ?なんだかいつもより会話が弾んでまして、そうだ、先週鯉昇さんと権太楼さんの二人会の話題から、落語のネタの話しになって、それが上方落語と江戸の芸風の違いに話が発展していって、いろんな落語家さんの名前が出て来て、そりゃぁもう大騒ぎでした。

メンバーのみんなは本当に落語をよく知っているので、その会話を聞いてるだけで勉強になります。

関東と関西でタイトルが違う話とか、微妙に内容の変わる話とか、噺家さんによって演じ方が違うこととか・・・・落語ってアレンジが自由であり、筋書きに著作権がないこともあり・・・変化もするし、古典のまま残されているものもあるし・・・。

昨夜の芝居心に引き続き、落語の奥の深さにまたもや試行錯誤の私です。
でもこうやって門前の小僧よろしくいろんな話を聞けることは誠にありがたいことでございます。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-17 01:20 | 落語 | Comments(5)

劇団四季と歌舞伎のWヘッダー

交通費を有効に使うために一日にできるだけたくさん芝居を観たい貧乏性の私です。
たくさんったって演劇ですから二つが限度ですけどね。

今日は名古屋で四季と歌舞伎・・・実際には「シネマ歌舞伎」ですけどね。
映画館で歌舞伎座の芝居を上映するってヤツです。

四季は何年ぶりでしょうか?
最後に見たのは名古屋のライオンキングだったのかなぁ・・・3年以上前?とにかく久しぶり。
そんなことを考えながら「マンマミーア」の幕開きをドキドキしながら待ちました。
劇団四季、滑舌がいいねぇ・・・歌がうまいねぇ・・・。
なんだけど、なんか胸に響かないのよねぇ・・・・。

ABBAの曲はなつかしかったけど、全盛期を知ってるゆえに「なんか違うよねーー」
舞台上でろうろうと歌い上げられちゃうと、アバってこんなんじゃなかったし・・・と思ってしまって、あらら客席で取り残されちゃいました。
イマイチ乗れなくて残念な結果に終わってしまった。
メインの男性キャストさん・・・口跡は良いけど、すごく棒読みだったし・・・。(セリフに血が通ってないんだもん)

夜は友人と合流してミッドタウン内のシネマ歌舞伎鑑賞。
坂東玉三郎さん主演の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を見ました。
これは去年の12月に歌舞伎座で見て、あまりの感動に友人に「よかったよーーー」と絶賛しまくって、シネマ歌舞伎上映決定と同時に「見て見て見て!」と鑑賞を勧めたのです。

東京・名古屋・大阪・京都・福岡の主要都市でしか上映されてないのですが、本当にこれは歌舞伎ファンじゃない方にも見ていただきたい作品です。
有吉佐和子さんの本がいいし、出演者さんも豪華絢爛だし、なにより玉三郎さん演じる古株芸者のお園がものすごくいい女なんです。

「見て見て見て!!」と無理やり連れてこられた友人たちはみな感動してくれました。
私のオススメナンバーワン作品といっても過言ではないです。
玉三郎さんの渾身の演技はスクリーンからもたっぷりと伝わってきますよ。
脇役の勘三郎さんもいい味だしてます。
端役で海老様も勘太郎君も出ています。

損はさせませんから、是非観に行ってください!!

ダブルヘッダーではありましたが、感動の差があまりに激しかった日でしたね。
人を感動させるのは、技術だけじゃなくて、その人の持っている味ってのも重要ですよね。
それってミュージカルとか歌舞伎とか落語とか・・・どのジャンルにも当てはまるよな・・・と、只今試行錯誤中。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-16 00:26 | 雑記帳 | Comments(0)

ゴン様に会えた喜びで

ダイエットのために「夜9時以降は食べない」ルールを作った私ですが、今日はさっきまでガンガン食べまくってお酒を飲んでました。
きょうは特別の日です。

平日なんですけど、近所(自動車で1時間半)で「鯉昇&権太楼の二人会」があったのです。

平日だから無理ーーーっと思っていたのですが、無理を通り越して自分のわがままが通り、今日は夕方から仕事を休んで二人会を観に行くことができました。

鯉昇さんもおもしろい落語家さんですが・・・ゴメンネ。権太楼さんは別格だわ。上手すぎる。
「笠碁」と「百年目」をやってくださいました。

お腹のすくのも忘れてものすごく集中して観ることが出来て、そして大笑いしました。
ステキだ・・・ステキすぎる時間を過ごしました。

ということでついさっき落語仲間と「よかたねーーー」と感想を述べながら食事して飲んでました。
夜中の12時にお腹いーーっぱいで苦しいです。

ダイエットが台無しーーーー、でも権様の落語を楽しんだことの方が大きくて、今日ぐらいは暴走してもいいのだ。

落語の感想はまた後日ね。
幸せでーーーーーす!!
[PR]
by moonislandn | 2008-06-14 00:32 | 落語 | Comments(0)

体内脂肪

先日、とあるところで体内脂肪が量れる体重計に乗ったら、そこにいた人が「えーーー、こんなにあるの?多くない?」って言ったんです。

ガーーン大ショックですぅ・・・。私平均だと思ってますから・・・

「あのね、昔ジムで量ったときね、ジムのトレーナーから『あなた痩せすぎです』って言われたんだよ」
「だって昔の話でしょ・・・これはヤバイって」と脅かされた。

最近ちょっと太ってきたかな・・・と思ったので、夜9時以降は食べないことにしたのです。
3時のおやつもなるべく・・・そう、なるべく食べないようにしてるの。
そしてなるべく・・・なるべくなんだけど、歩くようにしてるの。
気を遣ってるのよ!

でも私の体内脂肪の数字って本当に高いのかなぁ?と思ってネットで調べてみたさ。
「やせていても体内脂肪の多い人はいます」って書いてあった。

多い人っていくつだよ?えーーーっ!?ってネット検索を真剣にしていくと・・・・

なーーんだ標準じゃん。

確かに昔は「痩せすぎです」って言われたけど、この年齢でこの数字なら適性だってさ。

二の腕たるみとか下腹の出具合とか・・・いろいろ気になるところはたくさんあるけど、なんとかぎりぎり大丈夫そう。
でもいろいろわけあって去年の暮れからやめてしまったジムトレーニングを復活しなくちゃな・・・と真剣に考えてます。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-07 00:41 | 雑記帳 | Comments(4)

待ってました!

昨日ブログを書くつもりでパソコンを立ち上げたのですが、そのまま句会の作品を考えてました。
なんとか俳句・川柳・地口(だじゃれ)の3点セットを提出しました。
今月も苦し紛れよ(-_-;)ハハハ

えっと末廣亭の続き。

権太楼さんはマクラの中で「趣味は競馬です・・・。本当はこんなとこに座ってにこにこしてらんないんです。」と語りだしました。「ハァー」っとため息をついたところで
「競馬どうだったの?」とお客さんから合いの手が入りました。
演者さんとお客さんの距離がめちゃめちゃ近い(^^)
そこからしばらく競馬の結果報告。
競馬のことはよくわからないけど、かなりもったいない負け方をしたらしいということはわかりました。場内大爆笑でした。

「昔は字の書けない人がいたから代書屋さんが活躍しましたよね。でもあーいう職業の人って、何がイヤって、人生何がおもしろいのかって顔してますよねー。あっ、この中でいますか?いたら言ってくださいよ。話変えます。【芝浜】やります。」

お客さんがワッっとどよめき拍手喝采。
【芝浜】っていうのは人情噺で大きなネタです。でも年越しの噺だから季節はずれでやるはずないです。お客さんもわかってて拍手するんです。

そんな客席の様子を高座から楽しそうに見渡して「芝浜、やるわけないですよね。」と言って「代書屋」をはじめました。

「代書屋」っていうと私は桂枝雀さんのキョーレツなイメージが残っています。
むかーーしテープで聞いて「世の中にこんなにおかしい話があるかしら」ってくらいゲラゲラ笑った記憶があるのです。
四角四面の代書屋さんのところに履歴書を頼みに来る与太郎(落語の中ではアホを代表する名前ね)の話で、全くかみ合わない二人の会話がおかしいのです。

権太楼さんの与太郎もとことんアホでおもしろいけど、それに対する堅物の代書屋さんが最後まで崩れることなく堅物を通していて、両極端のおかしさがありました。

ここでちょびっとネットで「代書屋」を調べてみると、いろんな落語家さんの「代書屋」をテキストで書いてるページがありました。

噺家さんによって会話の内容が全然違うんですね。

権太楼さんは
「生年月日は?」
「はぁ?」
「あなたの生まれた日ですよ」
「その時はちょっとぼーーーっとしてたんで、わからないんですよ」

「名前は」
「ヒデキ」
「姓は?」
「○○センチ」
「苗字ですよ。あるでしょ!」
「湯川」
「(絶句)ユカワヒデキってものすごく偉い人がいるの知ってますか?」
「あぁ、オヤジから聞きました。なんか賞取ったんですよね。俺もこの前取りましたよ。天皇賞」

普通はアホキャラで笑わせるんだけど、切れそうでぐっと我慢している代書屋さんがおかしくて権太楼さんの【代書屋】さん、楽しませてもらいました。

お客さんたちの「待ってました」の掛け声もさもありなんですが、次に出てきた落語家さんが「ゴンちゃんワールドいいですねーー。さて、私はどうってことないですから、どうぞトイレ行きたい方、今のうちに行っておいてくださいよ」っと言ったのには驚きました。

同じ落語家さんでもいろいろいるんですねぇ。
[PR]
by moonislandn | 2008-06-05 01:17 | 落語 | Comments(0)

新宿末廣亭

昨日のブログの続きです。初めて末廣亭へ行きました。

上野の「鈴本」と名古屋の「大須演芸場」に続いて、三つ目の「小屋」デビューです。
「ホール」っていう呼び名よりも「小屋」と呼ぶ方が絶対にふさわしいです。
だって木造でかなり古い建物なんだもの。

小屋デビューする度に、かるーーいカルチャーショックを受けます。
小屋の中では飲食OK!落語の最中にお弁当食べてもビール飲んでもいいんです。
指定席ではないので、小屋の窓口でチケット買って空いてる席にすわるのです。
特別なイベントでもない限り満席にはなりません。

以上のことはひととおり経験したので、さしずめ私は寄席に通う客の二つ目くらいには昇進しているんじゃないかしらと自負しております。(だからどうよ?)

今回の末廣亭の窓口はかなりレトロで驚いた。
昭和初期の映画館の窓口みたいなところでチケット買って、これまた三谷幸喜の「笑いの大学」の芝居小屋みたいにもぎりのお姉さんにチケット切ってもらって、別のお姉さんに案内された先は桟敷席、小屋の両脇に設置してあるタタミの席でした。

靴を脱いで上がりこみ座布団の上に座るのだ(これが今回のかるーーいカルチャーショックでした)
でも前の方が空いていたので舞台が近くてラッキーでした。
みなさん足を投げ出してかなりくつろいでお茶の間のように落語を聞いていました。
年齢層はかなり高かったです。
中央の椅子席にはジジばかりが座っています。ジジに連れられてきたのか、小学生男子がずーーーっと寝てます(^_^;)
トイメンの桟敷席を見ればやはりジジが多く、所々にババも座ってます。
たまーーに若い男性が座ってますが落語好きな男性って・・・その道のオタク系って感じ。

女がひとりで落語を聞きに来るって・・かなり稀かも?
私って変???ううん、人目なんか気にしないわ!!

目の前では小さん門下のお弟子さんが落語をしてます。
弟子は32名(だったかな?ちょっと曖昧)いるそうです。
私が座ってすぐに出てきた落語家さんは「酒が・・・」と言い掛けて「いけねぇ・・・酒の話はダメだ。次に出てくるんだっけ・・・えーーっと何話そうかな」

はい、解説します。
噺家さんはネタがかぶらないように楽屋で話し合ったり、当日その場で様子を見ながら臨機応変にネタを変えたりするんです。
だから高座に上がるまで何のネタをするのか客も演者もわからないんです。

で、その人はなんで高座に上がってから思い出したのか??
とっさに話を変えようとして、しばしうつむいてネタを考え出した。「うううーーー」っとうなったまま沈黙の時間が流れる・・・・。
きっとパニクってしまったのでしょう。ネタが思い出せなくなっちゃって、
「おーーいネタ帳持ってきて」と座布団返しの若い衆を呼んでネタ帳を持って来させた。
「へへへ、これがライブってやつですね」と笑いながら言ってたけど・・・
「お前プロかよ!」と突っ込んでしまった。こんな落語家もいるのかーーーと重いカルチャーショックを受ける。ひどいね。

客の目の前でネタ帳を繰って、あ、これにしようっと「医者ネタ」の話をしました。かなりしらけた空気が流れてました。

次に出てきた演者さんは「20年ぶりの寄席です。末廣亭・・・あっ!ここ末廣亭・・ですよね。よかった、間違ったかと・・・へへ、社長に怒られちゃうよな」と、これまた薄らボケの苦笑い。

(社長が怒る前に客が怒るぜ)と突っ込んだ。
20年ぶりに寄席に上がった落語家さんて普段いったい何やってんでしょう?
この方が酒の出てくる噺をしましたが・・・どうってことない話でした。

はっきり言って我々素人落語家の方がずっとかおもしろいですから。
次に出てきた噺家さんもヘタでしたねーーー。
みんなどうやってご飯食べてるのかしら?親戚じゃないけどとても心配よ。

そうしてようやっとまともな噺家の柳家市馬さんが出て「長短」をやり、私の、いや、我らがお待ちかねの権太楼さんが出てきました。
会場からは「待ってました!」の声がかかりました。本当に待ってました053.gif
出てきたとたんに空気が変わります。私は体育座りをやめて居住まいを正しました(^_^;)

長くなったのでまた明日001.gif
[PR]
by moonislandn | 2008-06-03 01:15 | 落語 | Comments(0)



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
全体
観劇記
落語
雑記帳
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
himikaさん、コメン..
by moonislandn at 17:31
okadaさん、そーいえ..
by moonislandn at 23:13
足の裏の注射の痛さが出て..
by himika1016 at 09:28
カメラウーマン moon..
by azumada okada at 17:09
マリカさんお返事遅くなっ..
by moonislandn at 10:48
お久しぶりです!なーんと..
by マリカ at 20:53
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 21:54
お久しぶりです。 励ま..
by moonislandn at 23:35
ふりかけさん、ありがとう..
by Moon at 23:45
台湾旅行日記、心待ちにし..
by ふりかけ at 07:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧