雑記帳

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今が旬かな?

松竹座の花形歌舞伎は大満足でした。
観終わった瞬間にお客さんたちがどわーーーーっとどよめいたんです。
「よかったねーーー」「かっこいいーーー」「今日は見に来てよかったーーー」
比較的若い女性が多かった会場から歓喜の声があちらこちらから聞こえました。
私たちも例外にあらずです。(若くはないけど)宝塚から駆けつけてまで見に来てよかったーーーって思いました。

浅草で初めて若手歌舞伎を見たのは、5年くらい前なのかしら?
獅堂くんがまだ独身だったころよ(笑)
若手の歌舞伎役者さんたちが普段舞台では絶対にできない大きな役どころを演じて勉強するために始まった舞台なんですよね。
なんとなく宝塚の新人公演に似ていますね。
初めて見たときは、若手の皆さんがおっかなびっくり役に挑戦している感じがしてたんです。
ものすごく緊張しているのが伝わってくるような・・・。「この役はこの人には無理でしょ」みたいな・・・。

しかし宝塚の新人公演とは違って年月は経っても若手の役者さんたちの顔ぶれは変わらないんですね。
皆さん日々稽古に精進して、舞台で経験を積んで成長しているのです。
松竹座では「花形歌舞伎」とタイトルがついたように、もはや「若手」(新人)ではないんですよね。
勘太郎・七之助・愛之助・獅堂・亀治郎・亀鶴・男女蔵、今回はこの6人が主要メンバーでしたが、どの役者さんも成長してますよね。
特に勘太郎君と亀治郎君の成長ぶりには目を見張るものがあります。
歌舞伎役者としては若くても、役者としては脂の乗る時期です。若い故に様子がきれいだし、体力があるから舞台に勢いが出るんですよ。

夜の部の最後の演目の「蜘蛛糸梓弦」では亀治郎君の早替わりの七変化が見所でした。
これは以前同じものを浅草で見ていますが、その時に比べると亀ちゃん余裕が出て来てますね。
その他の出演者さんたちも適材適所で活躍していて最後に6人が勢ぞろいして舞台で足を踏み鳴らす振りの時はまるでタップダンスを見るようで、ものすごく揃っているし、力強くて舞台に吸い込まれるような感じでした。

「かっこいい・・・」と見惚れる舞台でした。

若手の皆さん、今が旬・・・・というか、これからどんどんよくなる時ですよね。
歌舞伎って経験を積んでいかないとわからない奥の深いものなんでしょうけど、基礎ができあがっている役者さんたちのエネルギッシュな舞台は、目は釘付けだし、魂は持っていかれちゃいます。観ると絶対にクセになります。

久々に興奮した舞台でした。頑張って見に行ってよかったです053.gif053.gif053.gif
[PR]
by moonislandn | 2009-02-25 00:30 | 観劇記 | Comments(2)

かなりのストレス

ううう・・・、新しい部屋のネット環境が悪くて、昔なつかし電話回線の時の方がマシ!ってくらいネットに繋がりにくいです。
最近付き合い悪いじゃーーーん・・・って思っていらっしゃる方、そうそうあなた!
私がさぼっているわけじゃぁありません。ただ単にインターネットに繋がらないのです!!
ここにたどり着くまでに15分かかりましたもの007.gif

ってことで歌舞伎の感想はまた明日!
ものすごくよかったんですよーーーー053.gif
明日のネット環境の調子がよいという保障はありませんが・・・とにかく今夜はもう眠い・・・002.gif
皆様、おやすみなさい・・・・。。。
[PR]
by moonislandn | 2009-02-24 02:00 | 雑記帳 | Comments(1)

思い入れ

本日久々の観劇デイ053.gif
お昼に宝塚大劇場で星組・安蘭けいさんのサヨナラ公演を観て、夜は大阪松竹座で若手歌舞伎。
ハードなマチソワをこなして自宅に戻るとCS放送で春野寿美礼さんのサヨナラショーを流していた。
ううう・・・懐かしい歌声、泣けるぜ・・・・007.gif
所詮こんなもんさと思わず苦笑。。。

星組公演は芝居もショーも安蘭さんのサヨナラを意識したセリフやら歌詞が盛りだくさんでかなり涙を誘う作品でしたが、どちらかというと二番手の柚希礼音さんが気になる私はかなり冷静に作品を観劇。
それなりに作品を楽しみましたよ。ショーで安蘭さんの「あなたに出会えてよかったーー心からありがとう」の歌詞はぐっと胸にこみ上げるものがありましたよ。
でも、泣けはしなかった。
となりで安蘭さんファンの友人がボロボロ泣いていました。

終演後「どこが泣けたの?」「いつから泣けた?」の質問に「この鉄面皮!」とののしられました(^_^;)
宝塚って5組あってそれぞれファンがいるから成り立っているんですよね。

自宅で春野さんのサヨナラショーに大きな拍手を送っている私。それぞれに思い入れがあるってことでいいんじゃないでしょうか・・・。

松竹座の興奮はまた明日!
[PR]
by moonislandn | 2009-02-23 00:30 | 観劇記 | Comments(0)

本日も落語でしたーーー

ご近所の街まで「雀々&喬太郎二人会」を観に行ってきました。
最近ではタカラヅカチャンネルよりも落語のDVDを見ている時間の方が多い私です。
今日の落語会をとても楽しみにしておりました。

しかし、会館に到着すると7割弱くらいしかお客さんが入っていなくてちょっとショック!

日曜日だというのに・・・・新作では大人気の喬太郎さんだというのに・・・。

うーーーーん、テレビでの知名度がないとこんなもんなんでしょうか・・・。モッタイナイ

雀々さんは「動物園」と「手水廻し」
これは一昨年の地元での落語会のネタとまったく一緒でした。
愛知県と静岡県の違いがあるんだから仕方ないけど・・・ひとつは違うネタを聞いて見たかったなぁ・・・。
喬太郎さんのネタ新作の「??」題名忘れました。課長さんが部下を連れて飲みに行く話し。
そして古典の「井戸の茶碗」はどちらも私には初めてのものでしたけど、なんとなくノリが悪かったですね。
それは客入りのせいかしら??
喬太郎さん独特のノリツッコミはとっても面白かったんですけど、喬太郎ワールドってこんなもんじゃないでしょ・・・って感じで聞いてました。

それでもまぁ、日常を忘れさせて笑わせてくれました。
目と耳がそれなりに肥えて来てるのでエラそうなこと言ってますけど、落語はおもしろいです。
追求していくとどんどん・・・ハマってしまいます。
[PR]
by moonislandn | 2009-02-15 23:36 | 落語 | Comments(3)

いとこ会

年に一度女ばかりのいとこが集まって「いとこ会」を開いています。

うちの母親は6人姉妹の4女です。
6人中4人が結婚していてそれぞれにできた子供が女7人男が3人。
夏休みやお正月には祖母の家に姉妹が子連れで集まり、おしゃべりしたりゲームをしたりして一緒に遊んでいたのでその子供たち、つまりいとこ同士はとても仲良しでした。
いとこでも特に女同士はかしましいものなのか、大人になってそれぞれ家庭を持っても集まる機会があれば童心に返って会話が弾みました。
その単純に楽しいという延長線で年に一度「いとこ会」を開くことになりました。

いとこ会とは言ってもそれぞれ親たちも付いてくるので結局は親族会ですね。
女ばかりというのがなんとなく気楽です。

今日は蟹料理を食べてべちゃべちゃとおしゃべりに花を咲かせました。

日ごろ仕事でカリカリしている自分からはとても想像できないようなのーーんびりとした時間が過ぎていきます。
時間を空けても会話が弾むって良いもんですね。
女系家族っぽいいとこたちにはなぜだか男の子がたくさん生まれて8人男子・1人女子という割合でそれぞれ子連れで来るのです。
「あ・うん」の親たちに比べて子供たちはなんとなくシラケた空気・・・。
そりゃそうだみんな親戚付き合いは薄くなっているからね。それに中高生の男子ってただでさえムサイですからね(^_^;)

かしましい我ら従妹のかたわらでひたすら無口にカニ料理をむさぼる男子たち・・・。
うーーーん、私にとっては楽しい会ですが、高齢化のいとこ会はいつまで続くのかな?
[PR]
by moonislandn | 2009-02-11 22:50 | 雑記帳 | Comments(2)

リンクしてる?!

本日は名古屋丸善にて「柳家権太楼独演会」でした。
落語仲間3人で見に行きました。

開演前に友人と「今日は何をやるのかな?」という話題になって、丸善落語会の常連さんの友人は「お客さんにネタを決めてもらうこともあったよ」なんてことを教えてくれました。

「えーーー今日は何をやりましょうかね」
「芝浜!」なんて具合にお客さんから声のかかったネタをやったりするんですね。

そんなときに私は「そーいえば名古屋のミッドタウンの映画館でそろそろ『らくだ』やるんじゃないの?」と突然歌舞伎座のシネマ歌舞伎を思い出して口を挟みました。
落語のネタの『らくだ』を勘三郎さんが演じてとてもおもしろい作品だったので、映画館でも絶対に見たいと思っていたんです。

そうこうしているうちにお目当ての権太楼さんの落語が始まりました。
マクラは権太楼さんがプライベートで北海道の利尻に行ったお話しから、自分が生まれた東京下町の話に・・・・

(もしかしたら長屋ネタ?『粗忽の釘』かなぁ・・・・なんて思っていると、「おーーいらくだいるかい?」
本日のネタは大ネタの『らくだ』でした。
わーーーー歌舞伎座の話をしてて「らくだ見たいね」と言っていた私はびっくりです。

長屋中からきらわれている大男のらくだのところに兄貴分のヤクザ者がたずねてくるとらくだが死んでて「せめて弔いでもしてやらないと」というところへ気に弱いクズ屋が通りかかって、そのヤクザ者から脅かされて町内から無理やり弔いのための香典や酒や肴を巻き上げるという話。

とにかく聴き応え、見応えのある作品です。
そして嬉しいことに『らくだ』を丸々全部やってくれたのです。

落語って噺家さんの都合で途中で話が終わっちゃうことがあるんです。
今回は死んだらくだの代わりに坊主が焼かれる最後の落ちまで50分たっぷりと演じてくれました。
長講ですが、全然長いと感じさせない噺でした。
普段なかなかラストまで聴けない噺なのでものすごく得した気分になりました。

権太楼さんは会場に着いてからネタを決めるという方です。
丸善の係の方も「まさかいきなり『らくだ』のような大ネタをやるとは思っていなかった」と驚いていたようでした。

中入り後の噺は「火焔太鼓」、これも大ネタです。こちらは30分くらいの噺です。
爆笑ネタで、ちょっと頼りない古道具屋としっかり者のおカミさんの対比した濃いキャラクターが笑いを取っていました。
しかし驚いたのはそのときのマクラ。

以前有名人のパーティーに招かれたときに平岩弓枝さんを紹介されたのに有名な作家だとわからなくて恥をかいたというお話でした。

ちょっとびっくり!だってたった今読み終わった文庫本が平岩弓枝さんの「女のそろばん」だったからです。
実は家族が入院している病院の待ち時間に読む本がなくて病院の売店の数少ない文庫本から選んだ本が平岩弓枝さんだったんです。
昔の小説だし、自分の趣向ではなかったのになぜだか本が「私を買ってよーーー」って訴えていたんですよね。

権太楼さんは平岩弓枝先生をおもしろおかしくデフォルメして語って笑わせてくれました。
私はなんだか権太楼さんと自分がリンクしてるーーーーってひとり悦に入ってしまいました。

実は我らが天狗連、6月に再び権太楼さんとご一緒する機会があるのです。

師匠が私を呼んでいるーーー(いや、呼んでない。呼んでいるのはアンタじゃない、さん太だよ)

でもなんだかとってもご縁を感じてますます権太楼さんの落語に引き込まれていく私なのでした。

f0030429_0215943.jpg

[PR]
by moonislandn | 2009-02-09 00:11 | 落語 | Comments(2)

やばい・・・リバウンド現象が

ダイエットの話ではないのです。

下の方で次回観劇予定は3月29日と書きましたね。
それは事実でしたが、ひとつ落語会があるのを忘れてました。
2月の半ばの「桂雀々・柳家喬太郎二人会」の予定が入っていました。
これもとなり街での独演会なのでそんなにお金かからないしね!

引越しで色々と買い揃えなければならないのでしばらくは無駄遣いはできないのです。
とにかく金融引き締めなのじゃ!!と硬く決心して芝居のチケットを買うのを控えているわけですよ。

でもさ、落語のチケットは安いし、3月は中日劇場だから交通費はかからないし・・・。(ちゃんと有言実行しているわ。)と自分に言い聞かせて自己満足していたら・・・・

「【権太楼独演会】が名古屋で日曜日にあるよ。どーする?」とメールをもらった。

速攻「行きます」と返事をしました。

名古屋だし・・・落語だし・・・・安いからいいのいいの・・・それに大好きなゴン様だし(^_^;)

しかし、その時私の中で何かがキレた・・・。
予定があるって、楽しい!だからこそ「仕事頑張るぞ!」って気持ちになれるんだ!!

そーなのだ!!実は私、本当は・・・「芝居が観たい」

宝塚星組公演が観たいけど、ずっと我慢していたのです。
2月だったら一緒に大阪松竹座の「若手歌舞伎」が観られるなぁ・・・そーしたらリーズナブルだよねぇ(一回の交通費でふたつ作品が観られる)観たいなぁ・・・と脳内シミュレイションを組んでいまして・・・とうとう今日、松竹座に電話してしまった。

三等席(4200円)がわずかに残っていてなんとか安いチケットが取れました。
タカラヅカは・・・当然完売です。金券ショップかオークションで探せばありますが・・・

どーする私?

おいおい金融引き締めなんでしょ??

あーーーなんでこうなんだーーー。でもこの方が仕事が頑張れるのよーーーー。

これぞまさに私の中の観劇自粛のリバウンド現象なのでした。
[PR]
by moonislandn | 2009-02-03 00:04 | 雑記帳 | Comments(4)



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
全体
観劇記
落語
雑記帳
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
himikaさん、コメン..
by moonislandn at 17:31
okadaさん、そーいえ..
by moonislandn at 23:13
足の裏の注射の痛さが出て..
by himika1016 at 09:28
カメラウーマン moon..
by azumada okada at 17:09
マリカさんお返事遅くなっ..
by moonislandn at 10:48
お久しぶりです!なーんと..
by マリカ at 20:53
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 21:54
お久しぶりです。 励ま..
by moonislandn at 23:35
ふりかけさん、ありがとう..
by Moon at 23:45
台湾旅行日記、心待ちにし..
by ふりかけ at 07:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧