人気ブログランキング |

雑記帳

大須演芸場

今日生まれて初めて名古屋の大須へ行って来ました。
大須と言えば、大須観音が有名で、門前町らしく食べ物屋さんや雑貨屋さんが軒を並べる商店街があって、これまた有名な質屋さん『コメ兵』があるところです。
大須にはもうひとつ隠れたスポット「大須演芸場」があります。プロの芸人さんが落語や漫才なんかをやるところです。老舗の演芸場と言えば聞こえはいいですが、ここだけの話、ほとんど灯の消えかかったような劇場です。
で、そんな劇場を活性化させるために地元の人たちがいろいろなイベントをしているようです。
今日は「日本笑い学会」と称したお医者様の主催する講演会に我々落語会のメンバーが3名呼ばれて出演いたしました。3年くらい前からやってるイベントなんですが、今年初めてミュージカルの観劇日と重ならなかった私は(笑)大須演芸場へとやってきたわけです。
大須観音の地下鉄降り口の地図を見ても「コメ兵」はデカデカと載っているのに演芸場が載ってないんですよ。駅員さんに聞いても「2番」と降り口をぶっきらぼうに言われるだけでどこをどう行けばよいのやら・・・結局大須観音脇の交番で聞きました。コメ兵のすぐ裏だったじゃんか(-_-;)
こ・これが劇場かい・・・・ふ・古い・・・
大須演芸場_f0030429_18372195.jpg
確かに今にも倒れそうなっていうか、傾きかけてる劇場だ・・・。耐震強度は震度3と見た・・・。
「笑いの学会」っていうのは笑いは健康に良いのでみなさんどんどん笑いましょうというテーマで毎回面白くて為になるお話をしてくれる会なんです。(私は参加したことないからウケウリね)
劇場の入り口であまりのボロさにびっくりした私ですが、扉を開けてもっとびっくりしましたね。超満員じゃないですか!講演の内容がよほど良いか、我々メンバーのコアなファンがつめかけたのか?
ま、関係者さんたちだけで満員になりそうなキャパの小屋ではありますが、いかにも演芸好きな年配の方たちや我々の落語会おなじみのファンの方たちの顔ぶれも見受けられて、とにかくお客様がいらっしゃることに胸を撫で下ろしました。立ち見が出ている状況でしたので、私は「落語会のメンバーです」と言って楽屋に上がらせてもらいました。えへへ、実は最初っから演芸場の楽屋に入るのが目的ではあったんですけどね。なかなか見られる場所ではないでしょ。
人様にお見せできない場所という意味で「楽屋裏」なんて言葉を使いますが、ここの楽屋はまさに「楽屋裏」でした。細ーーい階段を上がったところに我々の楽屋があり、うなぎの寝床のように細長いタタミの部屋に5枚の小さな鏡が張り付けられた壁があり、ちゃぶ台とテレビが1台。
大須演芸場_f0030429_18383380.jpg

大須演芸場_f0030429_18395386.jpg
1時間後に出番を控えたメンバー3名たちは熱心に稽古はしておらずに、しどころのないボーーっとした表情で楽屋にいました。一応私が顔を出すと暇つぶしの相手が来たと歓迎はしてくれました。
老舗の演芸場へ出かけるからと、着物で来てしまった私は、普段着の安い着物とは言え、マジで着物が汚れそう・・・と、すり切れた畳の上にそーっ座りました。
先に楽屋に遊びに来ていた女性メンバーのみるくちゃんがみんなでコメ兵に行っていろんな買い物をした話をしてくれました。
和服も安く売っているらしくて、男性メンバーは羽織を3980円で買ったとか正絹の羽織の紐を1980円で買ったとか戦利品を見せてくれました。おおっ!私も帰りにはコメ兵に行くぞ!と戦意を燃やす。
「老舗の有名な演芸場に出られるからと地下鉄降りるまですごく緊張してたんだけど、ここの楽屋に来たら急にだらけちゃって、どうでもいいやって気持ちになっちゃった」と本日自作の創作落語でトリを取るさん太さん。
「この楽屋がさぁ、芸人をダメにするんじゃない。なんかモノノケがついているんじゃない?」と部屋を見渡してマジに答える私。
霊感が強いわけではないけど、芸人さんの汗と涙と息吹を一切感じない場所ではありました。
芸人でもない私が勝手に上がりこんでケチばかりつけてごめんなさい。

写真を撮ってアップさせようと思っていたのですが、今日はデジカメを忘れてしまって「写るんです」を買って撮影しました。楽屋の模様は明日アップします。
そして本日の落語の出来栄えは・・・、楽屋の紹介だけで長文になってしまったのでこれまた明日。
今日の「笑いの学会」の模様は2月9日に「ユーガッタCBC]で放送されるそうです。
中部圏にお住まいの方お見逃しなく!
# by moonislandn | 2006-01-29 22:48 | 落語

持つべきものは肉屋の友人

下で載せたお好み焼きの写真が、いくらケイタイとはいえ、貧相だったのでお口直しに我が家の晩御飯を載せちゃいます。

持つべきものは肉屋の友人_f0030429_013917.jpg


平素はこんなものを食べてます・・・なーんてウソウソ(^_^;)
仕事場に肉の卸業者さんのSさんが尋ねてきて、「ちょっとメンドーなお願いがあって」とPC関係の相談を受けて、その報酬がこのお肉となったわけです。
そしてその翌日にスタッフさん一同でステーキパーティーとなった次第です。

「私ブログに載せようっと」と、ひとりが言い出してカメラを構えたので、「私も」「私も」とすぐさま肉の撮影会となりました。
食べる前から異常に盛り上がったステーキパーティーでした。

上等の牛肉が食べたいときはSさんからおいしいお肉をお値打ちに分けていただいたりはしているのですが、最近とんと牛肉さんにはお目にかかっていなかったから感動もひとしおでした。
写真に写っている他にもう2枚あったんですけど、すぐに嫁に出されてしまいました。
スーパーではお見受けできないような上玉をありがとうございます。
がんがん食べまくりました・・・といいたいところですが、私は寄る年波には勝てず、たくさんは食べられませんでした。でも幸せでしたーー!ごちそうさまでした(^_^)v
# by moonislandn | 2006-01-20 00:20 | 雑記帳

浅草

15日の日曜日は浅草公会堂で若手歌舞伎見物。
ここでは東京の友人ではなくて私の地元(中部圏)の友人2人と待ち合わせ。
東京の友人宅は食べて寝るだけなんです。ホント厚かましいですよね(^_^;)

今回いっしょに歌舞伎を観る友人は2人ともタカラヅカファンなんだけど、去年の御園座の勘三郎さんの歌舞伎を見せて、まんまとワナに・・・いえ、歌舞伎の面白さも知っていただき、浅草ツアーとなったのです。
去年の私がそうだったように二人とも久しぶりに浅草へ来て、銀座とは違う浅草独特の賑わいに感動し、いろんなお店に目を見張らせて、「楽しい!」の連発でした。
お昼ごはんは東京の友人のおススメのもんじゃ焼き屋さんへ。
「小さなお店でとにかく店の主人がうるさくて、焼き方とか食べ方とかいちいち口出しするのよ」と友人から聞かされていました。「うるさいけど味はおいしいから」と。
こちらはもんじゃ焼き初心者の集まりなので焼き方も食べ方もご指導お願いいたしまーーす」という状態だったのでその点は願ったり叶ったりです。
もんじゃ焼きデビューは去年済ませましたが、焼き方はイマイチよくわからないのです。
お店のメニューには「初めての方は注文欄に<初>と書いてください。」と書いてあったので笑えました。もちろん<初>と書いて、伝票を渡すときに「よろしくお願いいたします」と頭を下げました。
おじさんは焼き方以外にも「俺たちが子供の頃の下町は・・・」と「三丁目の夕日」よろしく昔話も織り交ぜながらいろいろと饒舌に語ってくれました。
こちらはヨイショするつもりはなくても、田舎者の我々には初めて聞く話なので、いちいち「へぇー!」とか「そうなんですかーー!!」と驚いて聞き入っていたのでおじさんすこぶる機嫌が良いようでした。
「ハイ、じゃぁみんなでやってごらん」ともんじゃを焼くときもおじさんの指示に従って一生懸命に頑張ったので「素直でいいねぇー。もんじゃを焼く姿を見ていてもそれぞれ性格がわかるからねぇ」なんて褒められちゃいました。となりの初心者のおじさん4人グループはおじさんの説明を話半分で聞いて自分流に焼いてしまうので「あーーそんなんじゃダメダメ。まったくもうそれじゃぁおいしくないんだよ」と叱られてました。
サラリーマンというよりは、先生風の品のいいおじさんグループで、知らないことでも自分で仕切りたいタイプの人たちでした。「あーー本当だ。こっちよりとなりの方がおいしそうだ」なんてお互いの鉄板を覗いては出来栄えを比べてました。こーいうのも下町風って言うの?おとなりさんとの壁がない(笑)
優位に立った私たちはちょっと得意顔でもんじゃとお好み焼きを焼きました。
お好み焼きも解説付きなのでした。その店のお好み焼きはとても分厚くて、火が通るのに時間がかかるのです。テーブルにはタイマー時計が置かれて、ここでもおじさんの指示に従って「はい、3分セットして」「はい、止めて」「はい、もう一回ひっくり返して、そっとね」と、ここは職業訓練学校かと思うように細かく指導されました。

でも私たちにとっては決してうるさくなくて、いろいろ教えてもらって勉強になりました。(素直なのよ)
もしまた今度このお店に行くことがあったとしたら、きっとまた伝票に<初>と書いておじさんの指導を受けることと思います。
あ、そこのお店にはうるさいおばさんてのもいるんですけど(^_^;)その日はずっと調理場にいて「お酒出してよ」「追加できたわよ」と、声だけの出演でおじさんを仕切っていました。我々が帰る頃にはお店も空いてきたのでおかみさんは顔を出して「浅草公会堂に行くの?」「昔はお客さんも少なかったけどねー、若手になって獅童が出るようになってからお客さんが増えたよね。今じゃ満員だもんね」と世間話をしてくれました。
「獅童がねー」とまるで近所の子供の話でもするようなその口ぶりに、なんとなく下町の世話っぽさを感じた私でした。
田舎でもない都会でもない本当に独特の雰囲気と匂いを持った町の雰囲気にやられました。
友人ともども「浅草いいねーー。また来年も来ようね」なんて「今度はあの一杯飲み屋でお酒を飲もう」なんて話まで出てしまって(おやじばかりが入るような屋台風の店なんだけど・・・)なんだかどんどん自分の間口が広がるようで嬉しいようなコワイような・・・。

ということで、浅草の歌舞伎のお話はまた今度(観劇記で)浅草_f0030429_11205440.jpg
これはケイタイで撮ったお好み焼き
あまりおいしそうに見えないけど(-_-;)、おいしかったです
# by moonislandn | 2006-01-19 00:18 | 雑記帳

東京お泊り

東京行きの最終のひかりに乗った私は10:40pm.に友人宅に着。
チャイムを鳴らして「ただいまーー」と部屋に入って、いきなりお風呂に入って、その家のユニクロのジャージに着替えて、くつろぎモード全開になるなんて『友人』というよりその家のお父さんなんじゃないかと心の片隅で恐縮する。お風呂から出るとおいしい料理とお酒が待っている。
とにかくこのようにあつかましい行為が許されるのは、訪問先の私の友人である奥さんが話し相手になってくれて、その夫が台所で料理を作っているからなんだろうなぁ・・・。
家人の友人を夫の手料理でもてなすという、ちょっと変わった様式がこの無礼な訪問者を肯定してくれるらしい・・・。
だって友人が家事をして私がダンナと向き合う図を想像してくださいな。ここまではくつろげないと思うんですよ。
そう、その夫婦とは私のHPのロンドン紀行に出てきた料理を作るのが大好きな夫と姉さん女房の友人です。

「今日はあなたが来るからって朝から色々メニューを考えていたみたい。で、何だっけ、今日のメニューは?」と、いかにも年上の女房らしい口の聞き方にこちらが益々恐縮してしまう。
口数の少ない夫は黙々と料理を作って無言で皿を出す。
私の前に出されたのはもみじおろしを添えたあん肝、みじんにくだいた牡蠣の入った茶碗蒸し(牡蠣エキスとダシ玉子のバランスが絶妙!)、レンコンのしんじょう揚げ、蕎麦がき、栗のババロワ。
・・・普通自宅でごーいう料理食べないですから・・・。
恐縮していた殊勝な気持ちは瞬時に消えて、とてつもない幸福感に襲われる。
クーーッ!溜まっていたストレスが消えていくよ。
おいしい料理でお酒は進み、先日の句会の話で盛り上がり、笑いは絶えず、これ以上の癒しはないという幸福の絶頂の状態でバタリと眠る・・・東京の夫婦はどう思っているか知らないけど、私は幸せでーーす。毎月でもお泊りしたいんだけど、きらわれない程度にと、一応これでも気を遣っている私なのですが、「来月も東京来るんでしょ?みんなで泊まっていいんだよ。宴会しようよ。」なんて言われると「えーーっ!本当にぃ?」
ブンブンと音をたててシッポを振ってしまう私なのでした(^^ゞ
翌日の浅草感動日記はまた明日。
# by moonislandn | 2006-01-16 01:04 | 雑記帳

新春句会

落語の会のメンバーで月に一度、句会を開いています。俳句・川柳・地口(ダジャレ)を提出し、句会当日プリントアウトされた作品を見て、自分の作品以外のものに◎と○をつけてポイントを競うのです。
句会を始めて2年半が過ぎました。最初は「俳句なんてできないよーー」と思って、すぐになくなるだろうと思っていた酔狂な会ですが、元々言葉の持つ面白さを極めている落語家(アマチュアだけど)の集団です。なのでどんどん言葉遊びの面白さにハマっていって、回を増すごとに作品のレベルは上がり(?)句評もヒートアップしているのです。
『落語家=うぬぼれや』という方式もあり、自分の作品はすごく褒め、他人の作品には堂々とケチをつけるという傾向も参加者たちの闘争心を一層駆り立てているようです。回を重ねたおかげで私もかなり強気になって自分の作品のフォローができるようになりました。他人からけなされようが何のそのです。句評のやりとりが自然にボケとツッコミになっているのもおかしいです。
今月はダジャレで「熟年未婚」と「歌舞伎座の外人」を出しました。「熟年離婚」と「オペラ座の怪人」をもじったものです。結構ポイント稼ぎましたよ。どうおもしろいでしょ?って言っちゃぁダメかなぁ・・・(苦笑)
とにかく毎月作品を考えるのは頭の体操にもなるので、ボケ防止にも役立っています。
東京在住のメンバーもメールで参加しています。地下鉄の女性専用車両や出初式の鳶の様子を題材にした句を詠んではは「田舎モンにはわからないと思いますが」と毎回イヤミな注釈が添えられています。

句会の模様をMD録音して、臨場感を届けろとばかりに毎回東京へ送るのが私の仕事です。
今月はそのMDを持って私は東京へ出かけることとなりました。
日曜日に「浅草歌舞伎」を見ることになっている私は土曜日の夜に東京組のメンバー(夫婦)のお宅へお泊りするのです。

自分以外の作品のケチをつけながら、自作に酔いしれ、酒にも酔うという系図がすでに出来上がっています。
最終のひかりで出かける東京の一夜を今からとても楽しみにしている私でした。
# by moonislandn | 2006-01-14 01:21 | 落語

「男たちのヤマト」

今年83歳になる実家の父を連れて、映画「男たちのヤマト」を見に行ってきました。
たまたまいつも映画に誘う友人が風邪で寝ていたために、映画館の通り道にある実家に寄って父に声を掛けると「行く行く!」とふたつ返事でコタツの座椅子から飛び跳ねるようにして出てきたので、正直言って面食らいました(^_^;)
映画館で映画を見るような人ではないのですが、この映画だけは気になっていたようです。
父と二人で映画館でデートするなんて生まれて初めてのことでした。

昭和20年の4月に戦艦ヤマトが沖縄から南西の海に沈められるまでを再現したドキュメンタリー映画でした。以前ミュージカル「ひめゆり」を観たときに、戦争物は好きではないと言った私ですが、「男たちの」という言葉に釣られてというか、壮絶な死を遂げた当時の日本兵の様子を少しでも知りたくて、泣くのを覚悟で出かけました。

とにかく最初から最後まで泣きっぱなしでした。内容については語りません、どうぞ映画館へお出かけください。役者さんたちが演技ではなくて、その時代に生きた人物になりきっているのが伝わってくるような意気込みをひしひしと感じる映画でした。メインキャストの反町隆史さんと中村獅童さんはもとより、脇役、その他に至る役者さんたちも大熱演していて胸が熱くなりました。長島一茂さんによく似た俳優さんだなぁ・・・と思って見ていたら、ご当人だったということが最後のキャスティングの字幕でわかってとてもびっくりしました。さんまちゃんの番組に出ている一茂さんとは別人の人物がスクリーンで見られます。すごい存在感でしたよ。

壮絶な映画でしたが、見てよかったです。夏に見た「ひめゆり」と時折リンクさせて見てしまいました。

映画を見終わってから父も私も言葉がなく、無言のまま家に帰りました。
実家の居間で彼らと同じ時代を生きた父が「あの通りだったよ」と口を開き、久しぶりに父の戦争時代の話を聞きました。
子供の頃に何度か聞いた記憶はありましたが、当時はそんなに真剣に耳を傾けていなかった私です。でも今夜はさすがに父の話に真剣に聞き入ってしまいました。

陸軍にいた父は昭和20年沖縄戦線に参加すると言われて死を覚悟し、九州の港で沖縄行きの船を待っていたそうですが、何日待ってもその日は来なくて、懇意にしていた上官に尋ねると「日本にはもう戦場に行く船もない」と聞かされたのだそうです。その時初めて「これで生きて帰れる」と思ったのだそうです。「戦争で死ぬことは当たり前だと思っていたけどやはり嬉しかった」と言った父の言葉は当時の兵士たちの本音ではなかっただろうかと思いました。
「沖縄行きが決まったときはお母さんが面会に来てね」
自分の父が「おかあさん」という言葉を口にしたのを私は始めて耳にしました。映画の中に兵士の母がボタモチを持って息子に面会に来るシーンがありました。
やはりボタモチとゆで卵を差し入れに会いに来た母親に、父は身に着けていた腕時計と万年筆を「もういらないから」と返そうとするとお母さんは泣き出して受け取らなかったという話をしてくれました。

映画の中で「生き残る人たちのために俺たちは死ぬんだ」というようなセリフがありました。
「決して俺たちの死は無駄ではない」とそれぞれが言い聞かせて死んでいくスクリーンの中の兵士たちをとても複雑な思いで見ていました。

「でもこうやってお父さんが生き残ってくれたから私たちがいるんだものね」と私の母がめずらしく感傷的につぶやきました。映画を見終わったばかりの私にはとても切ない言葉でした。
「男たちのヤマト」は、もう風化されたと思っていた戦争時代の話をとても身近に引き寄せてくれた映画でした。

あ、念のため言っておきますが、私は両親が結婚してから遅くにできた子供なので、どうぞ私の年齢を単純計算して出さないでくださいね。鈴木京香と同じくらいですから・・・(オイ)
# by moonislandn | 2006-01-10 02:02 | 雑記帳

ダブルブッキング

うわぁーー、新年早々やっちゃいましたーー(;_:)
2月某日の日曜日。宝塚雪組の「ベルばら」と新橋演舞場の「ヨイショの神様」
雪組のチケットを先に買って・・・というか、随分前に『宝塚友の会』に入っている友人にたのんでおいたチケットが当選していて(激戦のチケットなので、これってすごいラッキーなことなんだと思ってます)すごく楽しみにしていたのに・・・。
にも関わらず!年末落語の仲間との忘年会で、中村勘三郎さんと藤山直美さん主演のお笑いのお芝居のツアーをしようという話が出て、みんなで相談した結果、2月某日に揃ってお出かけすることになったのです。
日にちを決定するときに手帳を見たけど、その時は予定表に「ベルばら」と書かれていなかったので、その時点ではチケット当選の知らせが入っていなかったんだろうなぁ・・・。
「ヨイショの神様」はいっしょに行く仲間が「この日じゃないとダメ」っていうことで、私の希望日とは違うその日に決定してしまったんですよね。
勘三郎さんのチケットは『歌舞伎座の会』に入っている私が頑張ってパソコンでチケットを取り、最前列をゲットしてこちらも大喜びをしていました。

同じ日に西と東のチケットを取ってしまったということに今日初めて気がつきました。
あーー、全くメデタイよ・・・・_(._.)_
とにかくどちらかをあきらめなくてはならないのですが、あまりのショックで「どちらへ行こうか」と、天秤に掛ける気力も起こりません。
なんとか身体がふたつにならないか・・・なんて真剣に考えている自分がいるのです。(どちらもあきらめられないんだもの)

明日は雪組「ベルばら」の一般前売りです。ううう・・・他に日にちが取れるだろうか・・・・
でも週ごとにアンドレ役が変わるので、希望のアンドレが見れないジャン
# by moonislandn | 2006-01-07 00:29 | 雑記帳

お正月休み

あけましておめでとうございます。
元旦に宝塚で「ベルサイユのばら」を観て来ました。
未だ夢見心地の状態で観劇記のページに感想を書きました。
お正月休みで自分の時間があるっていいですね。
実家に帰って甥たちにお年玉はしっかり取られましたが、普段よりものんびり過ごせるから幸せでーーす。
3日間のささやかなお休みで、残すところ一日となってしまいましたが(;_:)それなりにのんびり過ごしてリフレッシュしたいと思います。

今年も仕事というよりは労働に励み観劇でパワーを充電する一年になりそうです。
# by moonislandn | 2006-01-03 01:37 | 観劇記

大晦日

2005年も残すところわずかとなりましたね。
大掃除はできなかったけど、小掃除ぐらいはしようと目に見えるところだけキレイにしてます。
とりあえずやることはやったゾと自分の中で満足できれば完璧ではくても納得しちゃう性格で、良いか悪いかはわかりませんが、これで年が越せるのです。

なんとなく掃除しながらも浮かれてしまうのは、元旦早々タカラヅカ観劇に出かけるからです。
この日を楽しみにここんところ頑張ってきたのですよ。
2006年の大劇場の幕開けは「ベルサイユのばら」です。タカラヅカの目玉商品+星組公演にオスカル役で各組からスターさんが特別出演されるというオマケ付きの公演です。

お正月3が日は雪組トップの朝海ひかるさんがオスカル様です。
最近コムさん(朝海さん)にハマっている私は、キレ味抜群のシャープなオスカルを勝手に妄想してしまって、期待の中でチケットを取りました。

星組トップコンビの湖月わたるさんのフェルゼンと白羽ゆりさんのアントワネットも私的には◎です。夢見させてくれそうな顔ぶれにワクワクモードです。
感想はまた明日報告します。

さぁカウントダウンまであと少し、皆様良い年をお迎えください(~o~)
# by moonislandn | 2005-12-31 20:36 | 雑記帳

只今試運転中

年末の忙しさに正直バテ気味です。
この状態が続いたら、自分のHPの更新ができなくなるんではないかと心細くなり・・・
いつでも簡単につぶやけるお手軽なブログを作ってみました。
最近なにかにつけて、マイナス思考になりがちなのは、この耐え難い寒さのせいと思っています。
部屋で暖房をつけていても・・・冷える・・・ウツな気分です。
とりあえずはこれからここで言いたいことを書くとして、お芝居を見て「すごーーい!」なんて
感動した作品があって自分に余裕があったら、今までどおり自分のページに感想を書きなぐっていく予定です。

ってことでまずは試運転中。

で、なぜか写真のアップロードがNYの自由の女神。
なつかしい2001年のカウントダウンにでかけたときに撮影した一枚です。
空が青いですねーー。これは加工してません、自然の空です。
当たりさわりのない一枚を選んだらこれになったという・・・
他の写真は当たり障りのあるものばかりとも言える。只今試運転中_f0030429_23453816.jpg
# by moonislandn | 2005-12-29 23:49 | 雑記帳



演劇・ミュージカルの観劇感想と日常生活の出来事
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧